スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


新傾向の発見  俳論「俳句界の新傾向」その二


三 新傾向の発見(明治四十年~四十二年)
 俳論「俳句界の新傾向」 その二

大須賀乙字の発表した俳論
「俳句界の新傾向」とは何だったのか?
今こそ俳句界に「新傾向俳句」をぶち上げましょうぞ!
という俳論ではありません。

簡単に言うと、
最近の俳句界では、
こんな傾向がありますな
この感じ、イイじゃないっすか
新しい方向じゃない?
この方向で開拓してくべきじゃないっすか
という俳論です。

えーと
もうちょっと詳しく書くと
まず、
正岡子規以降の俳句は写生法ということ。
丹念な写生が、印象明瞭の句を生む、というわけです。

狭い空間、短い時間における現象を、精密に言い表す
これが印象明瞭な句というわけで、
今流行の言葉になっちゃって
申し訳ないような恥ずかしいような感じですが
ありのままに、
物事を写すから、物の本質が明瞭で理解もしやすい、と。
これを、「直叙法」もしくは「活現法」と乙字は名付けてます。
平明な中に詩的感情を刺激して、無限の滋味がある
と、
これはまた手放しな讃美じゃないですか。
別にこれで行けばいいんじゃね?
という感じになっちゃいそうですが、
実はそうもいかない…。

例えば
かくれんぼ鬼出る鶏頭林かな
という句を見てください。
乙字は、
単に平凡なことを叙しただけじゃ、詩情がないし、
鶏頭が菜の花でもなんでもいい、
ってな事だとイケナイわけです。

上野出るや青森に行く寒き汽車
のような、句は、もっとダメ。
写生の堕落したやつだとおっしゃいます。
「新聞の講談愛好者」とまでいってます。
ちなみに
これらの二句については
誰の作とか書いてません。
私の想像では、
当時乙字が選をしていた「東京日日新聞」への投句のもの
か、それに近いものじゃないかなぁ。
書き忘れてましたが、明治三十八年冬から、
乙字はこの新聞の俳句欄の選者に抜擢されてます。
東京に出て一年ちょっとの話です。

で、この写生の反対の描写法
それが見られるのが
芭蕉や蕪村などの俳諧に見られる方法で、
季題の特性を生かして、それによって本体を彷彿とさせる、と。
俳句の特色は、むしろこの方に多いと思われる
と、乙字は書いてます。
百年の気色(けしき)を庭の落葉かな 松尾芭蕉
のような、ね。

これもまた、問題があるわけです。
っていうか、子規以降の写生法以上に失敗しやすい。
それが「月並」ってやつみたいです。
理屈で納得させるんで、厭味があって俗っぽい、
そんな「月並俳句」に陥りやすい
というわけです。
だからこそ、子規は写生を言ったと。

ちょっと乙字の俳論からずれますが、
この「月並」という言葉。
今現在は「つきなみ」といえば、
平凡、ありきたり、陳腐
という意味で一般的に使われるわけですが、
もともとの言葉の意味は
毎月、月ごと、月例
というような意味。
この言葉に、
「ありきたり」みたいなちょっと負の要素を加えることになったのは、
正岡子規の仕業といってもいいんじゃないでしょうか。
子規が、俳句改革の時に、
毎月一回の月並句会で江戸俳諧の流れの淀んだ、
風流ぶりっこで陳腐な句
について「月並俳句」と総称したことから、
月並=ありきたり、陳腐
という意味がついてしまったわけです。
月一の句会で俳句やってるのが月並俳句なら、
現在の一般俳句愛好者のほとんどが月並じゃね?
新月並ってわけ?
と思った人があったら、残念でした。
新月並という存在は、実はすでに大正時代に登場するのでした。
これも、乙字の生存中に出て来る言葉なので、
そのうちにここで触れることになるかもです。

うーん、脱線が長くなりました。
かなりすでに長くなってしまったので
ここで切って
続きはまた。
スポンサーサイト

 2014_09_30


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。