スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


カズオ・イシグロ「わたしたちが孤児だったころ」



カズオ・イシグロ「わたしたちが孤児だったころ」

時代は20世紀の真ん中ぐらい、
イギリスで駈け出しの探偵として暮らす青年クリストファー。
彼には幼い頃両親を相次いで失うという辛い過去があった。
長じた彼が探偵となったのも、
両親を探すという目的があったためだった。

このクリストファーの探偵としての華やかな日々に挿入される過去の日々。
それは両親と共に暮らしていた上海での日々だった。
貿易会社で働く父、アヘン貿易に反対する運動をしている美しい母、
そしてかけがえのない友達だった隣家の日本人少年アキラ。
砂上の城のごとき危うさを含みながらも
幸せに暮らす少年クリストファーだったが、
父が姿を消し、誘拐の捜査がされているうちに、
母もまた連れ去られたのだった。
探偵として名を馳せた今、
中国国民党と日本軍との戦火がまさに世界中に広がろうとしている中、
再び彼は上海の地に、両親を探しに降り立ったが……。

いや~、面白かったです。
特にクリストファーとアキラの織り成す
少年の日々のエピソードは素敵でした。
がっ、
上海についてからいきなりクリストファーが
ぶっこわれちゃうのには参ってしまいました。
なっ、何なの?
この狂信的な利己主義は。
もぅ、私はただただアキラの為に泣きました。
いや、泣くまではしなかったけど。
(読了日不明)
スポンサーサイト

 2016_10_13


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


01  « 2017_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。