スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ロバート・A・ハインライン「スターファイター」 「宇宙の孤児」



ロバート・A・ハインライン「スターファイター」

これは純然たるSFでありつつ、純然たる青春小説ですね。
宇宙ものでありながら、小難しい公式なんてなし。
とにかく楽しくハラハラドキドキの冒険なんですね。
というか、
わたしが一番好きなのは、主人公キップが、
最後に家へ帰るところだったりします。

宇宙へ行く事を夢見る高校生キップは、
石鹸会社のキャンペーン「月旅行無料ご招待」の懸賞に応募しますが、
残念ながら一等を逃してしまいます。
代りのびっくり賞の商品はなんと中古の本物の宇宙服。
手紙によれば、宇宙服がいらない人は、
送り返せば現金500ドルと交換してもらえるということなんですが、
もちろんキップは宇宙服を換金したりしません。
自分の工作室でコツコツと
その合衆国空軍の払い下げの宇宙服を
実際に機能する様に修理しちゃったりします。
ここまでの話だけでも充分面白いんですよね。
町の人達を巻き込んでの懸賞応募作戦とか、
宇宙服修理の行程だとか。
とは言っても
宇宙服と引き換えの500ドルがあれば、
彼の大学進学の望みも叶います。
「オスカー」と名付けた程に愛着の湧いた宇宙服を手放して
大学進学する決心をしますが……。
オスカーを着込んで最後の深夜の散歩をするキップは
突然現れた宇宙船に乗せられ、連れ去られてしまいます。
自称天才のおませでやんちゃな少女「ちびすけ」が
これがまた魅力的なキャラクターなんです。



ちなみに同名の映画がありますが、
多分ハインラインとは関係はないような気がします。
映画のほうではビデオゲームの腕を買われて宇宙の戦士に、
みたいな感じだった覚えがあります。
その映画と混同されることを嫌った、
という理由ではないとは思いますが、
本書は
「大宇宙の少年」→「スターファイター」→「大宇宙の少年」
と、題名の変遷があります。
ちなみに、わたしが最初に読んだのは「スターファイター」でしたが、
近年になって買いなおしたものは「大宇宙の少年」でした。

このブログに転載している感想は、
2000年から2005年ぐらいに書いたものなんですが、
その間にハインラインはたった一冊しか読んでないみたいですね。
上記の「スターファイター」は、
一人の作家につきお気に入りの作品を一つ
という企画で書いたものです。
で、たった一冊の感想が以下のものなんですが、
2001年、感想というか読了雑感程度の文章なので、
なんだかなぁという感じ。


ロバート・A・ハインライン「宇宙の孤児」

まず、読んでて思ったのは、
SFってしばらく読まないと
なかなかその設定の中に入り込めないなってこと。
本書の場合は、主人公ヒュウに全然魅力を感じなかったから、
余計になじめなかったのかもです。
でも
反乱が起こって航宙士のほとんどが死んでしまった恒星間宇宙船が、
長い年月を経て、
新しい神話を持つ中世的迷信の世界に変貌してる
って設定が好きですね。
<ミューティ>と呼ばれるミュータントの方々もいいな。
(2000年12月10日)

ね、この適当さ。
ちょっと分りにくいと思うので、
補足しておくと、
本書は、<船>と呼ばれる世界の物語。
実は<船>は本当に船なんです。
世代宇宙船バンガード号といいます。
目的地に到達するまで、何度か世代を交代しながら、
長い長い船旅をする宇宙船なわけですが、
これが感想の中でも書いた「反乱」が起ったせいで、
そもそもの目的を失った、
まったく新しい社会が育ってしまうんです。
しかも二つ。
一つは主人公側である<船員>たちの社会。
もう一つはミュータントたちの社会。

というわけで、
奇しくもハインラインのジュブナイル系の作品二つになってしまいました。
スポンサーサイト

 2016_10_12


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。