スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


トーマス・オーウェン「黒い玉」



トーマス・オーウェン「黒い玉」

「ベルギーの幻想派によるひと味ちがう不気味な物語14篇」
と言うことです。
ラテンアメリカの
濃厚で詩的な幻想と恐怖の短編が大好きな私にとっては
ちょっと薄味かなぁ…
と言えないこともないんですが、
薄味の恐怖感とか薄味の不安感が、
これまたなんともいえない薄味の余韻を残してて、
これはこれで面白かったですね。

表題作の「黒い玉」は、
微妙な不思議感が好きかもしれない。

あと、
公園であるとき、
夕暮れにそこを通りかかった女性が襲われたことから、
公園へ行ってはいけないと言われていた少女が、
好奇心から公園へ散歩に出かけて…
という「公園」も、好きかも。
あと、
ちょっとベタかも知れないけど、
過去に少年の事故死に関係していた
車椅子の女性の元へ訪れた旅人の
「旅の男」も結構楽しめました。

ところで
この短編集に何度か登場する
「ひよめき」
って一体何なんでしょう?
体の部位なの?
(2002年11月6日)



↑この疑問に対して、
「ひよめき」が
赤ん坊の幽門のことだと
その後BBSで教えていただきました。
当時は感想をHPで書いてたんですよね。
そういえば、この本以降も「ひよめき」って言葉は見たこと無いかも。
スポンサーサイト

 2016_09_30


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。