スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ウィリアム・アイリッシュ「死者との結婚」



ウィリアム・アイリッシュ「死者との結婚」

一枚の切符、五ドルの紙幣、そしてお腹の中にいる赤ん坊。
男に捨てられた女の持っているものはそれだけ。
しかも切符と五ドルは自分を捨てた夫が自分によこした最後のもの
ってのがつらいですよねぇ。五ドル……。
「本証券は公私ともにあらゆる支払いに当て得る法貨なり」
と印刷されている五ドル札と片道切符。
そりゃヘレン・ジョーゼッソンでなくても絶望しますわ。

とりあえず、ヘレンはいかにも薄幸の女然とした様子で列車に乗り込みます。
そのヘレンに親切にしてくれたのは、いかにも幸せそうな若い夫婦。
あれこれとヘレンを気遣ってくれる若い夫婦に
彼女の心も次第に和んでいきます。
化粧室で女二人こもって、お互いの身の上を語り合って、
相手の若い妻パトリスもヘレンと同様に妊娠しているのだと知ります。
そして、まだ顔も見たことのない夫の家族の元へいくところなのだと。
しかし二人が席へ戻ろうとした瞬間、
突然轟音とともに列車が転覆してしまったのでした。
そしてそのショックの中、ヘレンは一人で赤ん坊を産み落としてしまいます。
ここの辺りの表現がとてもあいまいなので、
ヘレンが助け出された時に
「あたし―赤ちゃんが生まれたんです」って言わなかったら
気がつかないところでした。(笑)

さて、助け出されたヘレンは、
病室が何故かひどくゴージャスなのに不信を抱きます。
現在自分の有り金がたった17セントに過ぎない女が
こんなよい待遇を受けるはずがない。
そりゃそうですよねぇ。
ヘレンはパトリスに間違えられていたのでした。
事故当時彼女の指には、
パトリスが化粧直しの間持っててくれと頼んだ結婚指輪が
そのままはめれていたから。

罪悪感と、生れた赤ん坊の未来への不安感にもまれながら、
ヘレンはパトリスとして生きる事にします。
パトリスも彼の夫も事故で死んでいたのです。
暗い未来しかなかったヘレンではなく
暖かい家庭が受入態勢を整えてくれているパトリスとして生きる、
それしか生れた赤ん坊のために出来る道はなかったのでした。
が、綱渡りではあるけど平穏で幸せな日々は長くはなく……。

うひゃ~ってほどねちっこい描写が緊迫感を高めてて、
ラストは、ええ~~ここで終りなのぉ~~という感じ。
読む側を弛緩させない張り詰めたムードがあります。
(2002年4月12日)
スポンサーサイト

 2016_09_29


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。