スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


「ブロックルハースト・グローブの謎の屋敷」

Category: 児童文学のこと  


「ブロックルハースト・グローブの謎の屋敷」シルヴィア・ウォー

作者シルヴィア・ウォーは1935年生まれのイギリスの作家。
本作が処女作で、
1994年にこの作品でガーディアン賞を受賞してます。
ガーディアン賞は
イギリスの児童文学賞で、
アメリカだとニューベリー賞にあたる賞という感じかな。
ガーディアン賞の方は対象がイギリス国内の作品だけじゃなくて、
英語圏の国で出された本、ということでちょっと広いんですが。
さて、
本作は、「メムニ一家の物語」という全五巻からなるシリーズの
第一作目にあたります。
このシリーズの主役は、
人間としてひっそりと暮らしている等身大の布製の人形たち。
しかも総勢11人という大家族。
なにそれ、設定に無茶がありすぎるよ
って感じなんですが、
これが読ませてくれるんですよね。
佐竹美保さんの挿絵もとてもよくて、
ホントに大好きなシリーズなんですが、
実は絶版なんですよ。とても残念です。
講談社さん、このシリーズを復活させてくれないかなぁ。

郊外にある一軒家、ブリックルハースト・グローブ。
ここに住んでいるのは、実は
たぐいまれな裁縫の才能をもったケイトおばさんに作られた
等身大の布人形たちだったのです。
人間社会の隅っこで、
人形だと悟られないように苦心しながら生きている
11人の人形の家族たち。
ケイトおばさんの死後、
不思議な魔法の力で命を得て40年。
布で出来た人形ですから、本当はものを食べる必要もないんですが、
彼らは人間のように料理をつくりそれを食べる「ふり」をして、
自分たちが人形ではなくて人間なのだというように暮らしています。
それは毎日人間ごっこをしているようないびつな生活でもあります。
そして、何より大切な命題は、
決して自分たちが人形だという秘密を
人に知られてはいけないということ。
ところがある日、
オーストラリアに住む現在のこの屋敷の正式な主から、
一家に会いたいという手紙が届いて
彼らは大慌てに……。

シリーズ各巻で、
外からの問題が発生してはそれを乗り越えて行くんですが、
その間ずっと、かれら自身の問題も起こりつづけます。
それぞれ個性溢れる人形同士の関係の面白さ、
人形でありながら「生きて」いることの苦しみ。
はらはらしたり胸をいためたりしながら
夢中になって読みきってしまいました。
スポンサーサイト

 2016_07_24


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。