スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


アンジェラ・カーター「血染めの部屋」



アンジェラ・カーター「血染めの部屋」
筑摩書房

これは、
主としてペローの童話をモチーフにした作品からなる短編集。
「青ひげ」を換骨奪胎した表題作「血染めの部屋」や
「赤ずきん」をモチーフにした「狼人間」「狼たちの仲間」など
10篇が収められています。

この間読んだカーターの短編集と比べると、
こっちのほうが面白いと思いました。
ヒステリックな感じがあまりしなかったような気がするからかな。
「赤ずきん」の解釈に、
赤いずきんは初潮をシンボライズしたもので、
狼は男性性、なんてのは結構有名で、
それに沿った解釈の「赤ずきんちゃん」だとつまんないな~
って思ってたんですが、
単にそういう路線で物語を再構成したのとは違ってて、
結構面白かったですね。

表題作の「血染めの部屋」や
最後の作品「狼アリス」も面白かったです。
最初は、こう似たようなモチーフの作品が続くと
ちょっとつらいかなって思ってたんですが、
案外どれも面白く読めましたね。
物語の隠し持ってる暗部をさらけ出して、
本当は童話って怖いのよ~っ
ていう作品じゃないのが良かったです。
(2002年2月11日)
スポンサーサイト

 2016_07_20


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。