スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


「秘密の花園」

Category: 児童文学のこと  


「秘密の花園」バーネット

フランシス・ホジソン・バーネットは、
「小公女」「小公子」で有名なイギリスの作家。
わたしも、上記の二冊は読んだことがあったんですが、
実は「秘密の花園」は、
大人になってから初めて西村書店バージョンで読みました。
Amazonで確認したところ、
現役のようでうれしいです。

インドのお屋敷で誰からもかえりみられることもなく、
ただ召使にかしずかれて育ったメアリ。
病気がちでわがままな「つむじまがりのメアリさん」。
彼女は両親の突然の死によって
イギリスのおじの屋敷へ引き取られることになりました。
この屋敷には秘密がありました。
一つは閉ざされた庭園、
そしてもう一つは病気の少年の存在でした。

最初とにかく不幸で痛々しい存在だったメアリが、
どんどん変っていく様子に
ぐっと引き込まれました。
使い古されて安っぽくなった言葉かも知れませんが、
「癒し」「再生」といった言葉が似合う、
そんな作品だと思います。
スポンサーサイト

 2016_07_15


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。