スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ジェフリー・ディーヴァー「魔術師」



ジェフリー・ディーヴァー「魔術師」
文藝春秋

殺人現場に人質と共に立てこもった犯人。
しかし警官が踏み込んだそこはもぬけの空だった……。

四肢麻痺の元NY市警科学捜査部長リンカーン・ライムのシリーズの5作目は、
連続殺人事件の犯人がイリュージョニスト。
脱出マジック、早変り、テーブルマジックに見られる手先の器用さに
ピッキング技術、腹話術と
様々な技術による鮮やかとすら言える手法に加えて、
観客を惑わすためのミスリード技術によって捜査陣を翻弄します。
そんな今回の事件でライムとアメリア・サックスの強い味方になるのが、
見習いイリュージョニストのカーラという女性。
未亡人を母に持つこと、
自分が身を置いている世界が今だ強い男性社会であることなど、
カーラとアメリアとの間には共通点も多いようです。

前作「石の猿」と比べて、犯人と捜査陣との知恵比べとか、
細かい技術的な記述が多くて面白かったですね。
名のある奇術になぞらえて行われる犯行、
それを現場に残された様々な証拠と
カーラのアドバイスによって突き止めていくとか、
犯人の行動の何が心理的誤導を誘ったものなのか
という点などにワクワクしました。
くるりくるりと翻る事件の進行方法がスリリングで、
スピーディな展開と共に楽しく読めました。
(2005年8月18日)

さて、本ブログの読書感想は、
基本2000年から2005年の5年間の読書記録から成ってるんで、
このリンカーン・ライムシリーズもここまで。
その後もぐいぐいシリーズは続いてて、
現在日本で出版されたものは11作まであるみたいです。
が、
わたし自身は8作目の「ソウル・コレクター」あたりで
脱落してたりします。
面白くなくなった、というわけじゃないんですが、
単に読まない時期に入ってしまった、という。
次回からはジェフリー・ディーヴァーの
ノンシリーズをいくつか。
スポンサーサイト

 2016_07_12


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。