スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ダイアナ・ウィン・ジョーンズ「九年目の魔法」「わたしが幽霊だったとき」



ダイアナ・ウィン・ジョーンズ「九年目の魔法」
創元推理文庫

19才のポーリィは、壁の写真や愛読していた本が、
どこか記憶にあるはずのものと食い違っているのに気づきます。
まるで夢と現実が二重写しになっているかのような違和感。
九年前、十歳のときに起こった出来事。
ポーリィは、その日、
大きな屋敷の葬式にまぎれこんだ時のことから思い返し始めます……。

そこで出会った謎の青年リンさんと彼女の少女時代。
記憶の中の過去と、
現実での周囲の人達が記憶する過去とが食い違う奇妙さに、
読者である自分もポーリィともども不安が募ります。
読み返して初めて気がついた「しかけ」などもあったりして、
これは一筋縄では行かないファンタジーです。
ラスト近くなるまで、魔法の気配はするのに、
はっきり姿をあらわさない。
この思わせぶりなとこが魅力の一つかも。


ダイアナ・ウィン・ジョーンズ「わたしが幽霊だったとき」
創元推理文庫

物語のヒロインであるサリーがいきなり幽霊、
というちょっとびっくりするような物語。
突然幽霊になってしまったサリーには、
はじめのうちは記憶がありません。
何故「わたし」が死んでしまうことになったのか……。
風に流されるようにふらふらと漂うサリーは、
見覚えのある場所に出ます。
そこは寄宿制男子校。

そこから徐々に、
でも順々にではなく記憶が戻ってくるんですが、
これがまたくらくらするような思い出し方なんですよね。
今なら、
つまりダイアナ・ウィン・ジョーンズの作風を知った後ならば、
ちょっと納得して読めそうなんだけど、
初めて読んだときはとにかく面食らっておりましたよ。ホント。
カート、イモジェン、フェネラってサリーの姉妹がまた
キツイキャラクターなんですよね。
姉妹げんかの描写がまた……。
とにかく少女たちの描写が瑞々しいというか汗臭いというか、
女性の筆ならではの描写という感じがひしひしとしました。




今日からしばらくダイアナ・ウィン・ジョーンズの本の感想。
今日アップしたものは、2001年以前に読んだものを、
当時のサイトに載せるために改めて書いた感想文になります。
スポンサーサイト

 2016_05_13


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。