スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


パウロ・コエーリョ「11分間」



パウロ・コエーリョ「11分間」
角川書店

あるところに、マリーアという売春婦がいた。
ブラジルの片田舎に生まれ育ったマリーアは、
自分が美しいことを自覚した少女だった。
高校を卒業して、洋裁生地の小売店で働きだした彼女は、
その店の店主が彼女に恋心を抱いているのも知っていた。
しかし、同意にマリーアの母のアドバイスも忘れてはいなかった。
「いい?美しさは長続きしないのよ。」
この言葉のおかげで、
彼女は店主に「いつか彼女と」と夢を見させながら、
その期待だけで給料を上げさせ、
さらに時間外勤務の手当までもらえるようになった。
そして2年後、
休暇を利用し、
貯めたお金で憧れだった町、リオ・デ・ジャネイロに行くことにした。
夢見がちで世間知らずのマリーアは、
そこでスイスの芸能プロデューサーにだまされて、
スイスの家族向けの歓楽街のダンサーとして働くはめになってしまうのだった。
言葉も通じない、寒い異国で、
彼女の世話を任された同じブラジル人の若い女はマリーアに言う。
「ここにいる女の子たちはみんな、三つのどれかを探しているのよ」
冒険・お金・結婚相手。
マリーアもそれを探していたが、
ここでそのどれかを見つけるのは大変そうだった。

タイトルの「11分間」とは、
娼婦として働き出したマリーアが計算したセックスに要する時間。
意味のない会話やダンス、服を脱いだり着たりの時間を除いた
正味の時間はたった11分間で足りるのだと考えるんです。
まあ、これは娼婦としての時間なんだけれど。
あっけらかんとスイスに渡り、
ダンサーから娼婦へと転身していくマリーアのしたたかさやドライさ。
その影に隠れたナイーヴで純粋な魂がほんわりと心を打ちました。

深く突っ込んだ哲学的会話や
ストレートな性描写もあるのに、
読後感は不思議にやさしくて、
大人のためのおとぎばなしのような感じを受けました。
(2005年5月12日)
スポンサーサイト

 2016_05_06


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。