スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


P・D・ジェイムズ「罪なき血」



P・D・ジェイムズ「罪なき血」
早川書房

たった今読み終わったんですが、もううわ~うわ~という感じ。
いや~、凄い本でした。
読まされちゃったなぁって感じ。

18歳のフィリッパは、ケンブリッジ大学への進学を前にして、
自分の実の親が誰なのかを調べます。
彼女が八才の時に今の養父母であるモーリスとヒルダが養子縁組をしたのでした。
彼女自身のそれまでの記憶は
断片的に里親らしき人物が登場するぐらいで本当の親の記憶はありませんが、
モーリスとヒルダからは、
ペニントン伯爵邸の女中が産んだ私生児だったと聞かされていました。
が、それは嘘だったのでした。
フィリッパの実の両親はダクトン夫妻といい、
父親は12歳の少女を暴行し、獄中で死亡しており、
母親はメアリはその少女を殺害して現在服役中。
それが真実だったのでした。
フィリッパはその母メアリの出所を待ち、
出所後しばらく一緒にアパートを借りて暮らすことを決心します。
そしてもう一人、メアリの出所を待つ男がいます。
彼はメアリが殺害した少女の父親スケイスでした。

えー、まず読んでて、
フィリッパの鼻持ちならない傲慢さがすっごく嫌だったんですよね。
わ~なんて嫌な女だろうって。
またP・D・ジェイムズの筆が鋭くて、
余計にフィリッパの本人は気がついてない甘えを抉り出してるんですよね。
でも、
最後の最後までフィリッパを嫌悪しつづけるわけにはいかない造りには
やられたって感じでしたね。
大人びた言動をしてはいるけど、
まだ全然少女なんだって途中で思っちゃうの。

彼女以外の登場人物に対しても、
鋭さと温かみを感じる筆で、
単純にミステリーという括りではちょっと勿体無いぐらい。

勿論ストーリーもとても良かったですね。
とにかく全編に漂う緊張感は、
読み出したら途中で本を置けないぐらいでした。
すご~くゆっくりと、
表立っては何も起こらないかのような進み具合の物語なのに、
めっちゃサスペンスフルなんですよ。
面白かったです。すっごく満足。
(2002年7月21日)
スポンサーサイト

 2016_05_03


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。