スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


アゴタ・クリストフ「昨日」



アゴタ・クリストフ「昨日」
早川書房

アゴタ・クリストフはハンガリー生まれで、
ハンガリー動乱のときに亡命してきた人。
現在はスイスにすんでらっしゃるようです。

で、
アゴタ・クリストフと言えば
「悪童日記」3部作なんだろうなぁ、
と思うんですが、「昨日」です。

その前にちょっと
「悪童日記」3部作のおさらい的ご紹介からさせてね。
まず、
「悪童日記」は、
戦火の中、たくましく生き延びる双子の孤児の物語です。
まさに「恐るべき子どもたち」といった少年達の姿を、
淡々と、
彼等の感情の吐露を一切拒否する形で進められていく物語で、
驚愕のラストシーンが用意されてます。

「ふたりの証拠」は続く第2作目。
1作目で離れ離れになった双子
のうちの一人が主人公になっています。
が、
読み進んで行くうちに、
どんどん読者は??の渦に巻き込まれていくことでしょう。
「え?アレの続きなんだよ…ねぇ…?」
って感じで。
少年は青年となって、
世界観はより深みを増して行きますが、
前作との流れを期待してた読者を
完膚なきまでに裏切る展開について行けないとちょっと辛いかも。

「第三の嘘」で、物語は完結します。
「ふたりの証拠」を読み終って、
おぼろげながらに、
「そういうことなのかなぁ」
と思ってる形を
またまたぶっこわしてくれる物語。
っつーことは、
最初の「悪童日記」もあれはこういうことなの??
って感じで
前に読んだ本の印象さえも変えてしまう
恐るべき一冊とも言えるのではないかしら。
前2作と比べると世界観も難解で、
登場人物たちの魅力も薄いかも。

さて、
メインの「昨日」ですが、
これは「悪童日記」3部作から4年後に発表された
独立した1篇。

相変わらず淡々としてて、
読む側に主人公への感情移入を許さないような寡黙さがあります。
やっぱり主人公は亡命者で、
彼はほそぼそと工場で働きながら、
延々と習作を書き綴る毎日を送ってます。
その彼の前に
少年時代の忌まわしい記憶の登場人物だった少女が
人妻として登場してきます。
そしてふたりは恋に落ちますが…。

彼の日々の暮しと
少年時代の回想が渾然一体となって紡ぎ出す世界は
やたら幻想的。
みじめったらしい暮しと
悲惨な少年時代が描かれてて、
ラストシーンも苦いのに、
不思議な甘さがあります。
(読了日不明)
スポンサーサイト

 2016_04_25


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。