スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ソーニャ・ハートネット「木曜日に生まれた子ども」



ソーニャ・ハートネット「木曜日に生まれた子ども」
河出書房新社

オーストラリアを舞台にした物語。
父コートが兵役を終えた報酬として国から貰った開拓地。
フルート一家は、金鉱掘りの建てた粗末な家に暮らしていた。
土地は痩せていて手付かずのまま。
わずかにコートの狩るウサギの毛皮だけが彼らの収入だった。
ハーパーはフルート家の次女。
姉のオードリー、兄のデヴォン、幼い弟のティン。
そして新たな弟カフィがハーパーの兄弟。
ハーパーがもうじき7歳になる頃、カフィが生れた日から、
ティンは穴を掘ることに異常に執着しはじめた。
ベランダの下から出てこないでずっと穴を掘り続けているティン。
マーフィおばさんは、
ティンが赤ん坊のカフィにやきもちを焼いているのだと言ったけど、
ハーパーはそうではないことを知っていた。
ティンは穴を掘りたいからそこから出てこないだけなのだ。

一家は貧しい。
そして、オーストラリア全体が不況にあえぐ時代だった…。
表紙の裏に書いてある
「不思議な能力を持つ弟ティンと彼に守られた家族の絆の物語」
という言葉には、ちょっと首をかしげたくなるけれども、
なかなか読み応えのある作品でした。
どうしようもなく貧しくて、どうしようもなく悲惨な毎日。
なんだかずどーんと滅入っちゃうような話なんですよね。
ティンって不思議な能力を持った弟の存在が、
また全然福音じゃなくて…
うわ~どうなっちゃうんだろう?という
(ワクワク感抜きの)ハラハラの連続。
ただ、主人公の少女ハーパーの、
家族への愛情に溢れた強気なところが
この物語のしっかりした軸となってて、
たんなる悲惨な家族の不思議なお話に終らせなかった
という感じでした。

オーストラリアの厳しい自然を舞台にして、
語り口はあくまでも半端な同情を拒むような緊張感のあるリリカルさ。
…でも、なんだかどこかで読んだ事があるような
微妙な気持が拭えないんです。
もちろん、物語として似たようなものを読んだというわけではありません。
じゃ、何かと申しますと、
ここ数年出版されてるヤングアダルト向けの本そのものの雰囲気だ!
ってそんな感じなんです。
うーん、もしかしたら、
訳者の金原さんの文体がそう思わせるのかもしれません。
金原さんの訳はホントに読ませるのだけれど…
その上手い読ませ方に金原節、みたいなものがあるなって。
とても魅力的な文章を書かれるから、
きっとひとつひとつの印象も強いんでしょうか。
なんだか本書そのものの感想よりも、
そっちの方ばかりに頭が行ってしまいました。
ごめんなさい。
(2005年6月8日)
スポンサーサイト

 2016_03_13


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。