スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」



ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」
東京創元社

ページ開いていきなり「うっ、小難しい……」という感じで、
結構めげましたが、
気がつくと面白くなってきてるの。
おや~~??
宗教論がてんこもりなんだけど、どっちかというと軽めの語り口で、
主要キャラクターたちが案外人間くさいから、
面白くなるまでのところもめげずに読みつづけられた、
という感じなのかもしれません。

この「薔薇の名前」は、
死を間近に控えた修道士アドソが若き日に遭遇した
ある修道院での血なまぐさい事件の7日間を回想した手記、
という形が取られてます。
時代は十四世紀、見習い修道士アドソは、師ウィリアムと共に、
とある修道院を訪れます。
そこで遭遇した奇怪な連続殺人事件。
彼等はその事件の真相を探るべく僧院長から依頼されますが……。

長々と展開される宗教論を楽しめるか、
もしくは読み飛ばす事が出来たなら、
この作品はめっちゃ楽しめると思います。
ちなみに私はかなりの分量を読み飛ばしてしまってます。
それでも面白くよめちゃうんだから凄いですよ。
中世の僧院、鎖された文書館、白熱する宗教論、
道具立てはおも~い感じがいたしますが、
最初にも書いたけど、案外軽やかなタッチで綴られてるんで大丈夫。
ウィリアムとアドソの師弟コンビの活躍を楽しんでください。
もちろん荘厳な中世の僧院の雰囲気もきっちり味わえます。
(2001年9月2日)




そう、この頃はめんどくさいところをさっくり読み飛ばす系の
そんな読み方してたんですね。
そういえば、最初に「指輪物語」を読んだ時(高校生の頃)も
最初のくだりをさっくり読み飛ばしてたっけ。
ひどい読者ですね。
それがソラリス学まで楽しめるように成長したとは。
なんて、未だに飛ばし読みすることもありますけども。
スポンサーサイト

 2016_02_28


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。