スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ジョー・ウォルトン「アゴールニンズ」



ジョー・ウォルトン「アゴールニンズ」
早川書房

ボン・アゴールニン啖爵は、死の床についていた。
その側についているボンの長男で教区牧師のペンは、
思いがけない言葉を父から聞かされておどろく。
死ぬ前に懺悔したい、告解を聴いて欲しいというのだ。
それは異端な人間どもの征服時代の悪しき名残であり、
今や聖職者の飛行と同じぐらい教会から強く非難される罪だった。
しかし、ペンは結局父の告解を聴き、免罪を与えた。
しばらくの間ペンはショック状態にあり、
父の死も、己の教会への背信行為への罪悪感も何も感じなかった。

ボン・アゴールニン啖爵の死に際して、
家族たちが集まっていた。
生き残ったボンの子は、
デヴラク士爵に嫁いだ長女ペレンドと、
イリエスの都で役人をしている次男のエイヴァン、
まだ未婚の年頃の二人の娘セレンドラとヘイナーだった。
彼らのほか部屋にいたは
ペレンドの夫デヴラク士爵と三人の子竜たち、
そしてこの地の教区牧師のフレルト師だった。

ボン・アゴールニン啖爵の死は、
その財産分与について小さな口論と、遺恨を残す結果を引き起こした。
ボンの地所や黄金などについては、
前もって老アゴールニン啖爵の意志が伝えられており、
大きな混乱を招くことはなかった。
しかしそれら以上に大切な
ボン・アゴールニン啖爵の遺骸の配分については大問題だった。
そう、彼らドラゴンたちにとって、
同じドラゴンの肉を食べるというのは、
黄金にも勝る、大きな力を得るための大切なことなのだ。
遺骸、つまり肉は黄金と同じ扱いで、
未婚の若いドラゴン三人に分け与えるのか、
肉だけは別で、
他の遺産分与権を持つドラゴンたちにも公平に分けられるのか。
ボン・アゴールニン啖爵の遺児たちは、
前者を主張したが、長女の夫デヴラク士爵は後者を主張した。
そして、半ば押し切るように、
彼ら家族で父の肉の半分を食い尽くしてしまったのだった。

面白かった~。
ヴィクトリア朝を思わせる波乱万丈の物語、
でも大きく違うのは、
彼らは人間ではなくドラゴンだったのです。ふふ。

まず説明をしておくと、
啖爵というのは、
人間世界で言うところの男爵に準ずるもので、
爵位としては一番下。
ボンの遺児たちも、父親をぽっと出の成金のごとくに扱われます。
士爵というのはそれより一つ上の爵位、
それより上は順に珀爵、蛟爵、甲爵と登っていくようです。

さて、若きドラゴン娘のセレンドラとヘイナーは、
父の死後それぞれ
長男ペンの元とデヴラク士爵の元へ身を寄せることになります。
ペンの元へ身を寄せたセレンドラは、
兄の雇い主でもある珀爵夫人の一人息子のシャーと身分違いの恋におち、
デヴラク士爵の元に身を寄せたヘイナーは、
この義理の兄の冷血ぶりに、
いつか生きたまま食われるのではないかと恐怖に怯えることに……。
義理の兄のあまりな狼藉に対して怒りの収まらないエイヴァンは、
なんと彼を裁判で訴えることにするのだけども、
コレがどう見ても金銭的にも身分的にも勝ち目がなさそうだったりして。

恋あり、訴訟あり、
貴族のプライドあり、冒険あり、宗教問題ありと、
お楽しみもりだくさんの物語で、
それこそヴィクトリア朝を舞台にした大河小説のごとき面白さなんです。
ドラゴンならではの様々な生態や慣習も面白いし、
何より人間くさいドタバタ劇がなんともいえません。
(2005年7月25日)
スポンサーサイト

 2016_02_25


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。