スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ロバート・ゴダード「蒼穹のかなたへ」



ロバート・ゴダード「蒼穹のかなたへ」
文春文庫

何というか、
ほぉ~っと、読後にシミジミしてしまいました。

ロードス島にある、
ハリーの元部下であった現国防次官ダイサードの別荘の管理人として
酒と倦怠の日々を送る疲れた中年男ハリー。
彼とひとときの交流を交わしながら
彼の前から忽然と消えた娘ヘザー・マレンダー。
彼女はどこへ消えてしまったのか。生きているのか。
ハリーの手札は彼女が残した数枚の写真だけ。
彼女を探してハリーは次第に大いなる陰謀に直面する。
と、いうようなストーリーなんですが。
ゴダードの作品の主人公の男は大概がやな奴なんで、
こっちも(読む方も)すっかりそれを期待してた節があるんですが、
読み始めて、
あれ~、いたってまともな男ではないですか。
ええーっ、
やな男が右往左往してるのを読んで
「この阿呆が」とほくそえむ事が出来ないじゃないかぁ~~と。
でも、ダメ男ではあるんですよね。
他人にずっと舵を取られて生きてきて、
それについて何の疑問も、忸怩たる思いもないの。
ただあるのは、
打ち消しても打ち消しても心の奥に消えない
過去の裏切りに対する恨みぐらい。
それだって、本人は自分はそんな恨みがましい男じゃないと
信じてるフシがあるんだよねぇ。

事件の黒幕は、
多分読み始めてすぐに誰もが「コイツじゃないのぉ?」と思う人。
だからって、「ああ、やっぱりな」で終る程
うすっぺらい物語じゃないんですよね。
(2001年5月23日)
スポンサーサイト

 2016_02_18


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。