スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ロバート・ゴダード「鉄の絆」



ロバート・ゴダード「鉄の絆」
創元推理文庫

うーん、なんか、読みやすくて面食らってます。
この本が読みやすいのか、
わたしがゴダードに慣れたのか?
さくさく進んでいくんで、なんだか拍子抜けしてますね。
今のところヤナ男は別に登場しない代わりに、ヤナ女が出てます。
他人に厳しく自分に甘い、
それを半ば自覚しながら必死でそんな女じゃないと自分を信じてるような。
(というのが4月11日付けの上巻を読んでいるときの感想らしい)

なんて、上巻を読んでる時は思っていましたが。
いや~、上下巻の長いお話なのにも関わらず、
非常にさくさく読める作品です。
冒頭で殺害される老婦人の事件の謎を追って、次第に明らかになる事実。
高名な詩人であった婦人の弟の著作権の利権を巡るミステリー、
の筈が、どんどん話のスケールが大きくなって行きます。
さくさく読めて面白いの。
過去の出来事の記述もぐだぐだと長くないし、
話の展開がいいかげんに早いのも嬉しい。

ヒロインについては昨日持った感想を越える事は無かったけど、
婦人がかっこいいんですよ。毅然としてて。
と、言っても過去形で他の人の口から語られる事が多いんだけどね。
めずらしく(?)男の登場人物たちがみんないい味出してて、
登場人物で好きになれなかったのは主要人物の二人の男女だけでした。
この二人は、愚痴っぽくて自意識が強くて、
誰と話をしてても腹の中ではやたら批判がましい、
そのくせ妙に能天気なところのある人達で、
作中いみじくも片方が、
相手に対して「似てる」と感じる箇所があるのが笑えます。
とってつけたようなロマンスがココロナゴム感じ。
(2001年4月12日)
スポンサーサイト

 2016_02_17


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。