スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


トマス・H・クック「七つの丘のある街」



トマス・H・クック「七つの丘のある街」
原書房

ローム青少年育成センター(YDC)に勤務しているケン・ドゥーリーの自宅に
数発の銃弾が打ち込まれた。
その翌日、YDCの副理事であるリンダ・アデアの自宅に火炎瓶が投げ込まれた。
どちらも、事件の直前に若い女性からの謎の電話がかかっていた。
そして、火炎瓶の事件の直後、リンダの家と郡警察に若い女性から、
ケンとリンダへの殺人予告と思しき電話があった。
それは、これから始まる事件の前哨戦のようなものだったのだ。
事件は、女子専用孤児院エセル・ハープスト・ホームで保護されている一人の少女、
リサ・アン・ミリカンが、突然姿を消してしまったことから動き出したのだ。
13歳の少女リサの失踪に前後して、
ローム郡内で、女性、少女たちが、
奇妙な女性に声を掛けられるという出来事が起こる。
清潔とはけしていえない様子の見知らぬ若い女性が、
しつように彼女たちに自分のくるまに乗るように声をかけていたのだった。
その不審な女性の名前は、ジュディス・ニーリー。
茶色のダッジに乗って各地を転々としていた。
夫アルヴィンは妻とは別の車に乗り、一緒に転々としていた。

アメリカ南部の平和な街、
昔からのモラルの続く善人たちの住む街に起こった少女の失踪事件は、
やがて殺人事件へと発展します。
そして、二人目の犠牲者も。

なかなか面白かったです。
本書の半分いくかいかないかというところで、
あっさり犯人が逮捕されてしまって、
あらら…と思っていたのだけど、
それからどんどん濃密な物語に展開していくんですよね。
文章は淡々としていて、
「事実」だけを綴っているような感じなんだけど、
曳きこまれていきます。
法廷でのくだりも読ませてくれました。

実はこの作品がノンフィクション小説だとは、
読み終るまで気がつきませんでした。
なんの疑問ももたずにフィクションの小説を読んでると思ってたんだけど、
これは、作者クックが故郷アラバマで起きたという事件について書いた、
初のノンフィクションだったんですね。
でも、所謂犯罪ノンフィクションものの持つセンセーショナルな雰囲気も、
犯人または関係者の誰か一人にスポットライトをあてて
掘り下げたような感じも無くて、
とにかく淡々と読ませてくれるんです。
淡々としてるけど、ぞわっぞわって来るものがあるんですよ。
事実として表わされていない深いところを
作者の想像で補って掘り下げるんじゃないのって、
それも有りだなって思いました。

この本を手に取るきっかけになったのは、
タイトルでも作者の名前でも、
もちろん犯罪ノンフィクションだと知ってでもなく、
装丁でした。
この表紙のイラストを見たとたん
「おお!これは絶対アメリカ南部だ!」と感じてしまったんです。
何故かアメリカ南部を舞台にした作品に惹かれてしまうんです。
まあ、この本の場合は、
この装丁だともっと濃い内容を期待しちゃうようなところもあるんで、
プラスなのかマイナスなのか…。
(2005年4月3日)
スポンサーサイト

 2015_12_25


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。