スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


リチャード・ブローティガン「アメリカの鱒釣り」



リチャード・ブローティガン「アメリカの鱒釣り」
新潮文庫

ふむ。なんとも不思議な本でした。
裏表紙の紹介文によると
「街に、自然に、そして歴史のただなかに、失われた<アメリカの鱒釣り>の姿を探す47の物語。大仰さを一切遠ざけた軽やかなことばで、まったく新しいアメリカ文学を打ちたてたブローティガンの最高傑作」とのこと。
うーん。
ひとつひとつのセンテンスは
たしかに平明な言葉かも知れない
(日本語に訳してあると、
それすらも今ひとつぴんと来ないのですけれど)。
だけど、すべてが唐突に始まって唐突に途切れる感じで、
一つながりという感じが薄いので、なんだか不思議な手触り。
一つながりの意味を持たないという意味なのかな?
そこへもってきて、
はっきりと定義のない「アメリカの鱒釣り」というシロモノが投入されて、
またなんだか不思議っぷりがアップしてしまう。

帯にある柴田元幸氏の「翻訳史上の革命的事件だった」というのは、
たしかに発表当時はそうだったのかも知れないなぁと思うんだけど、
そういう歴史的な衝撃度を除いてみると、
大興奮するほどスゴイ作品なのかどうかは分らないなぁ。
じゃあ、つまんない作品なのかと言うと、
これがそうでもないのね。
大興奮は全然しないけれども、
じわじわじわじわと繰返してゆるい波の様に
アメリカの鱒釣りの匂いが伝わってくる。
「アメリカの鱒釣り」が何なのか、
はっきりとは分らないままに。

ブルーカラーの悲喜こもごも、
あるいは古き良き時代のアメリカの田舎の佇まい。
ストーリーはないものの、
読み進めていくにつれて、
そういったものの温かみや深みがじんわりと感じられます。
これが答えだ!というものはないけど、
そんな感じ、これがいいのかなぁ。
少なくとも私はそれがいいなぁ。

それにしても、アメリカに限らず、
釣りという言葉、行為は何かしら郷愁を感じさせるように思います。
何だろね。場所はやっぱり川です。
海釣りではなくて川釣り。
思い出の中にだけあるというノスタルジーではなくて、
残っているモノの中にうっすらと失ってしまったモノの影が重なるような
甘酸っぱさを感じました。
(2005年8月18日)
スポンサーサイト

 2015_12_13


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。