スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ジャック・バルダン「グリシーヌ病院の惨劇」



ジャック・バルダン「グリシーヌ病院の惨劇」
読売新聞社

あたらしめのフレンチ・ミステリー。
1997年の<コニャック・ミステリー大賞>という
よく知らない賞を受賞した作品ということなのだけど、
あとがきを読むかぎりでは、
これは無名の新人の未発表作品を対象にした賞みたい。
ってことは、フレンチ・ミステリーの登竜門という感じ?

「老人ホームと精神病院を兼ねた病院」と形容される
グリシーヌ老人医療センターで、一人の老女が惨殺される。
折りしも7歳の少女がレイプされて殺されるという大きな事件で
警察はかかりっきりの状態。
2ヶ月前に刑事になったばかりの新米、アンドリュー刑事と
2年後に定年を控えるアルソノー刑事の二人が
この事件の捜査に当たる事になった。

これ、ちょっと変ってます。
フランスっぽいといえば、
いかにもフランスの新人くさい(ってどんな感じだよ)。
会話に皮肉がピリッと利いてて、
どっか飄々とした刑事たちの物腰。
ストーリー展開や何かよりも、とにかく作風が変ってて、
そればっかりが印象に残っちゃうんですよね。
究極の「神の視点」である作家の台詞が
物語の随所にちょこちょこ顔出して読者へ語りかけるだけじゃなくて、
二人の刑事たちの会話の中にさえ、読者への言及が為されてたりして……。

ミステリーのパロディっぽいんですよねぇ。
愛ゆえのパロディというか。
面白いといえば、面白いといえるかも。
(2001年8月18日)




あたらしめ、
とか言ってますが、なにせ2001年に書いた感想ですから。
っていうか
あたらしめって何だ、
古めってなんだってなりますね。
アルレー?ブリジット・オベール?
ジャン・ヴォートラン?ポール・アルテ?
ダニエル・ぺナック?シムノン?
ユベール・モンティエ?セバスチアン・ジャプリゾ?
モーリス・ルブランやガストン・ルルーぐらい古くなる?
ちなみに
今最も熱いのは
ピエール・ルメートルですよね。
残念ながら、
本書の作者であるジャック・バルダンは
この一冊しか翻訳されてないみたい。
スポンサーサイト

 2015_12_11


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。