スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


シオドア・スタージョン「夢みる宝石」



シオドア・スタージョン「夢みる宝石」
ハヤカワ文庫

これ、かなり面白かったです。
養父に酷い虐待を受けた九才のホーティは家を飛び出した。
赤ん坊のころから持っていた人形ジャンキーだけが彼の財産。
衣装扉に押しつぶされた三本の指は酷い状態になっていた。
やがて彼は街々を旅するカーニヴァルの一座に保護される。
やさしいカーニヴァル一座のフリークス達に守られて、
ホーティは、一座の中の小人の女ジーナと組んで小人女として暮し始める。
団長のモネートルは通称人食いと呼ばれる人間嫌いの元医者。
実はモネートルは不思議な能力を持つ水晶を探していた。
それらの水晶は生きていて、
痛みや憎しみなど様々な感情を発しているのだ。
水晶が夢見るとき、土の塊から生み出されるものは……。
実は、
ホーティの人形ジャンキーの瞳に使われている水晶こそ、
モネートルの探していたものだった。

幻想的で美しくて、ファンタジーといってもいいかもしれないSF。
やさしくてかなしい奇形たちとの心のふれあい、
恐ろしくもおぞましいモネートルの企み、
あー、めっちゃ素敵な作品でした。




多分この作品が、一番最初にスタージョンに触れたものだったと思います。
スポンサーサイト

 2015_11_19


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。