スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


イタロ・カルヴィーノ「レ・コスミコミケ」



イタロ・カルヴィーノ「レ・コスミコミケ」
ハヤカワ文庫

イタリアの作家カルヴィーノの、
うーん、どういうんでしょうか?
ファンタジックなSF連作集です。
不思議な味わいの面白さがありました。

遥かな遥かな昔、
梯子をかけたら月に届く頃……だったり、
まだ形というものが存在しない原初の宇宙の頃だったり
という時代の物語をQfwfq爺さんが
「わしは~だった」
なんて語り口で語ってくれると言う形式で、
まるでおじいちゃんが昔話を、
おじいちゃんを主役にしてお話してくれている
というような雰囲気なんですよ。
無邪気なぐらい突拍子がないストーリーも、
なんだか
「むか~しむかしあるところに」みたいな感じ。

私が特に好きだったのは、
月に梯子をかけて
月のミルクを取りに行く
というシーンから始まる
ちょっと切ない恋物語の「月の距離」と、
ビッグバン以前、
誰も彼もが一点に集まって暮らしてたという「ただ一点に」、
Qfwfq爺さんが子供だったころの遊びの
「終りのないゲーム」かな。

のんびりムードで語られる
果てしもなく壮大なスケールと
妙に日常的な感覚が入り混じって、
且つ
どことなく胡散臭い理屈が漂うという、
つかみ所が無いホント不思議な味わい。
嫌いじゃないです。こういうの。
(2002年9月26日)
スポンサーサイト

 2015_11_16


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。