スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


イアン・マキューアン「時間の中の子供」



イアン・マキューアン「時間の中の子供」
中央公論社

小説家スティーヴンは、二年前に3歳の娘を誘拐され、
それがきっかけで妻とは離婚することになった。
子供を失った苦しみは寄せては返す波のようにスティーヴンを苛み、
街で幼い子供を見かけるたびにそこに娘の面影を探す他は
ただ流されるように生きているのだった。

時代は近未来のイギリス。
捩れたサッチャリズムが推し進められるという時代である。
主人公スティーヴンを滅入らせ、読者を困惑させるエピソードは
アンチユートピアを描いたSFの匂いもただよわせていますが、
基本は喪失と再生を描いた「愛」の物語。
マキューアンらしいエキセントリックな登場人物も出てくるのだけれど、
他の作品と比べてその眼差しの暖かさに驚きました。
スティーヴンの友人の悲劇に続くラストは、
心に染み入るようなやさしい再生が待っていて、
なんだかもう溜息が出るような感動を覚えました。
スポンサーサイト

 2015_11_04


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。