スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


イアン・マキューアン「セメント・ガーデン」「最初の恋、最後の儀式」


イアン・マキューアン「セメント・ガーデン」
早川書房

これは、ほわ~~とヤナ感じの作品です(笑)。
まず父が死に、微妙に変化をきたす家族。
そして母の死によって、
残された子供達がじわじわとおかしくなって行くの。
母親が死んだらきっと子供達はバラバラに施設に送られてしまう、
と考えて、
母の死体はあっさり地下室にセメントで塗り込めることになる。
父が残したセメントを使って。

あー、これを読んですっかり沈うつな空虚に浸ってしまった私が、
「スリッピングダウン・ライフ」(アン・タイラー)なんて
続けて読んではいけなかったのね。
とても読み合わせの悪い本でした。
(2001年4月15日)


イアン・マキューアン「最初の恋、最後の儀式」

マキューアンの最初の短編集。
小児愛や近親相姦などをモチーフにしたえぐい短編集ですが、
読んでて実はそこまでえぐいという気はしなかったですね。
でも、
たしかに「セメント・ガーデン」の前の短編集
という感じはひしひしとしました。
おすすめはしませんが、
マキューアンに興味がある方は、
彼の第一冊目の本ということで読んで見られてもいいかな。
サマセット・モーム賞受賞作品なんですよね、これ。
(2001年5月26日)




順番は逆になってしまいましたが、
これが、わたしの最初と二番目の、マキューアンでした。
正直そこまではハマらないかなぁ
という感じの感想になってますね。
二作を比べると、実は「セメント・ガーデン」の方が、
印象も強いし、面白かった……
気がしますが、なにせ2001年のことですからね。
それ以降読み直したりしていないので、
記憶がおぼろげで申し訳ない。
スポンサーサイト

 2015_10_31


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。