スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


クレイグ・ライス「素晴らしき犯罪」「幸運な死体」


クレイグ・ライス「素晴らしき犯罪」
早川書房

二日酔いの花婿デニスが目覚めると、そこには弁護士マローンやジャスタス夫妻がいた。昨夜、酔った彼を、マローンたちが引き受けたのだ。デニスが花嫁のもとへ戻ろうとしたとき、警官が訪れ、花嫁が殺されたと告げた。だが、その死体を見たデニスは意外なことを口にした。これはぼくの妻じゃない!ニューヨークを訪れたマローン一行を巻きこむ怪事件の結末は?(裏表紙より)

今回の舞台はニューヨーク。
ハイテンションのジャスタス夫妻と、
しきりにシカゴへ戻りたがっているマローンです。
場所が場所なので、今回レギュラー陣はこの3人だけですが、
ニューヨークの警察陣もなかなか愉快な面々。
最後は帰りの夜行列車の中で
「いつかもう一度ニューヨークに遊びに来てもいい」
とすら考えたりしてるマローンが好きです。

クレイグ・ライス「幸運な死体」
早川書房

アンナ・マリーは幸運だった。愛人である暗黒街のボス殺しの罪で死刑になる寸前、真犯人の自白で救われたのだ。彼女は罪を着せた者への復讐を決意し、処刑されたことにして“幽霊”として現れることにした。惚れた弱味でマローンは彼女を手伝うが、やがて事件の真相を知る者が次々と殺され始めた。あくまで彼女を陥れようとする黒幕の正体は?(裏表紙より)

自由の身になって復讐のために幽霊になったアンナ・マリーに対する
マローンの恋心がキュートです。
そんなマローンとは打って変わって、
ジェークはアンナ・マリーの事件に関して何やら秘密をもっているらしく……。
やや皮肉な味わいを持った作品となってます。
スポンサーサイト

 2015_10_22


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。