スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


クレイグ・ライス「大はずれ殺人事件」「大あたり殺人事件」



クレイグ・ライス「大はずれ殺人事件」
早川書房

ジェークにとって、それはこよなく愉しい宵だった。以前から恋こがれていたヘレンと漸く結婚できたのだから。ところが、そのパーティの席上、シカゴ社交界のナンバー・ワン、モーナ・マクレーンが“絶対につからまらい方法で人を殺してみせる”と公言したのだ。よせばいいのにジェークはその賭けにのった。なにしろ、彼女が失敗したらナイト・クラブがそっくり手に入るのだ!そして翌日、群集の中で一人の男が殺された…。(裏表紙より)

念願のヘレンと結婚をしてそのパーティの席上、
あと二、三時間で愛する新妻とバーミュダへ新婚旅行に出発するというのに、
ジェークはいきなり悩んでます。
それは彼がマネージメントをしていたスター、
ネル・ブラウンがハリウッドへ行ってしまい、
新婚旅行から帰るなり職探しをはじめなければならないからなのでした。
なので、
いくらジェークが度重なる殺人事件に辟易していたとしても、
モーナの賭けは魅力的なんですよね。
億万長者の娘との結婚を果たした失業者、
これはジェークならずともブルーになっちゃいます。
って、
それでも結婚したあとにブルーになるあたり、
ジェークらしくてよいですよね。
それを気にもかけないヘレンのパパも太っ腹。

さて、シカゴ社交界ナンバー・ワンの
モーナ・マクレーンとは一体どんな人物でしょう。
マクレーン家に子供が生まれればそれがニュースになる、
という家庭に育ち、
全く非の打ちどころのない結婚をし、
数年後夫が狩猟旅行で誤って自分を撃って死んでしまってから、
インドの貴族と婚約、結婚式の二日前にそれを解消、
その後爵位をもったハンガリア人、インディアナの農場主と
結婚、離婚をしたあと、
ベストセラーを1冊書き、飛行士の免許をとり、
インドで虎狩り、アフリカで象狩り、北極探検、大西洋横断の単独飛行など、
ありとあらゆる事をして、
三大陸のありとあらゆる適格な男と婚約したというニュースまで伝えられた、
というお人なんです。すごい。

クレイグ・ライス「大あたり殺人事件」
早川書房

「大はずれ殺人事件」で思いがけない殺人を探り当ててしまったジェークとヘレンは、バーミュダへ新婚旅行に出かけてしまった。一方、残されたマローンは、大晦日だというのに、酒場で独りグラスを重ねるだけ……やがて年も変ろうとしたそのとき、ドアを開けて入ってきた一人の男はマローンの名を呼ぶと床に崩折れ、そのまま息絶えてしまった。見知らぬ男の謎の死―果たしてこれこそが、シカゴ社交界ナンバー・ワンのモーナ・マクレーンが予告した殺人なのか?(裏表紙より)

いきなり意気消沈したマローンの姿から始まります。
ジェークさえここにいてくれたら。
ヘレンさえここにいてくれたら。
ジェークとヘレンさえここにいてくれたら。
と侘しく酒を飲みながらちょっと泣いてたりして。
ってことは、
今回はマローン一人が活躍する作品なのかと思われた方、安心して下さい。
ちゃんと大騒ぎしながら登場してくれます。
しかも案外早い段階で。

さて、
どれから読んでも面白さが損なわれないこのシリーズの中で、
この作品だけは、「大はずれ殺人事件」の後で読んで欲しい作品です。
もう、これは2冊でワンセットと考えてくださいね。




ところで、
何か違和感ないでしょうか。
そう、本シリーズの主役の一人であるジェイク・ジャスタスが
「ジェーク」表記になってるんです。
早川書房から出ている小泉喜美子氏と山本やよい氏のものだけが
「ジェーク」表記のようです。
あっポケミスの方はどうだったかなぁ…。
スポンサーサイト

 2015_10_20


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。