スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


明治三十八年~四十一年 一方「ホトトギス」では


二 東京帝国大学時代(明治三十七年~四十一年)

 当時の「ホトトギス」派の動向

さて、長期旅行へ出た碧梧桐の代りに
「日本俳句」選者となったはいいけど、
なんだか妙に割を食ったような形になった高浜虚子ですが、
当時の虚子と「ホトトギス」について、
少し書いておきます。

と、言っても
「ホトトギス」や高浜虚子については、
わたしはほぼ素人(虚子素人とかって変な表現になりますが)
なので、
書いた事が間違っていたら
是非ご指摘頂きたいところです。

「ホトトギス」では、明治三十八年から、
夏目漱石の「我輩は猫である」を連載して好評だったみたいですが、
一方俳句においては、いまひとつだったみたい。
というか、
虚子派俳句としての活躍は、
「国民新聞」虚子選俳句欄がメインだったみたい。
その頃の主力は
松根東洋城、高田蝶衣、岡本癖三酔、中野三允など。
多くが、虚子門というよりは子規門の人、という感じですかね。
蝶衣だけが飛びぬけて若い人という印象。

現・ホトトギスのウェブサイトに、
第一巻からの目次集というステキ情報があるんですが、
それを見ても、
やっぱり当時の「ホトトギス」は
読み物がメインだったようで、
本の後から三分の一ぐらいからようやく俳句の記事になるって号が多いですね。

明治三十九年に、虚子は、というのか虚子門では、
碧梧桐派の「俳三昧」に対抗するように
「俳諧散心」というのを始めます。

「三昧」も「散心」も仏教用語で、
意味合いとしては真逆にあたる言葉なんだそうです。
虚子派としては、「俳三昧」に対抗心バチバチというところでしょうか。

このあたりについて、
「高浜虚子の100句を読む」
で、坊城俊樹氏もそんなことを書いてるので、
対抗心はあった、ということで。

桐一葉日当りながら落ちにけり 虚子

この句は、その「俳諧散心」で出された句なんだとか。
しかし、どうもノらなかったのか、
もともと長期で行うつもりのない企画だったのか、
一年に満たずに終ってしまった試みだったようです。

で、
明治四十一年八月、
続・俳句散心とも言える
「日盛会」が
丸一ヶ月続けられたみたい。

まだ、碧梧桐門の動向について、
この時期まで書き進んでないんですが、
この年は、
碧梧桐の「新傾向俳句」が勃興した年なんですね。

この「日盛会」には、当時新進俳人だった飯田蛇笏なども参加してたようです。

凡そ天下に去来程の小さき墓に参りけり 虚子

という有名句も、この折に出されたものなんだとか。

お!とうとう「ホトトギス」が盛り上ってきたー!
かと思いきや
なんとその会の最終日、
虚子は、
小説に専念するためにしばらく俳句を中止する
という衝撃の宣言をしちゃうんです。

この年の十月からは、「国民新聞」俳句欄の選も松根東洋城に変わってしまいます。
スポンサーサイト

 2014_09_19


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。