スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「たったひとつの冴えたやりかた」「愛はさだめ、さだめは死」



ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「たったひとつの冴えたやりかた」
ハヤカワ文庫

表題作「たったひとつの冴えたやりかた」他2篇の
スペースオペラ系の短編を未来の古文書図書館から、
若いカップル(ヒューマンではない種族)が借り出すという
いかにもSFチックなシュチュエーションでつないだ作品です。
表題作「たったひとつの冴えたやりかた」は、
16歳の誕生日にプレゼントされたスペースクーペを改造して
憧れの宇宙旅行に旅立った少女の物語。

これは、ハインラインのジュヴナイルと、
新井素子を足したような感じを受けました。
少女漫画家による挿絵が多分に影響してると思うんですけど(単純すぎかな?)。

3篇目の「衝突」が私としては一番面白かったかな。
これは異質な文明同士の戦争を、
小さな探検船の乗組員が命をかけて阻止するという感じの作品でした。

それにしても、
このジェイムズ・ティプトリー・ジュニアという作家は
かなり激しい人生を送った方らしく、
しかもその死は、病気で寝たきりの夫を射殺後、
自殺というすごい形だったそうです。
直前に弁護士に事後を託して、夫と相談の上の自殺だったとか。
本書が絶筆ということになるんだそうです。



ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「愛はさだめ、さだめは死」
ハヤカワ文庫

ああ~、すっごく面白かったです。
表題作の「愛はさだめ、さだめは死」は、
ある巨大な節足動物を思わせる生物のライフサイクルが一人称で語られる
愛と自然と本能の物語。
この作品もとても良かったんですが、
コンピューターによって人工的に作られた美少女の肉体と繋がれた、
醜い女の悲劇を描いた「接続された女」も凄かったですね。

一番最初の「すべての種類のイエス」からしてそうなんですが、
読み始めは何が何だか全然わからないの。
それが、もうホントにラストのラストですと~んと落ちるこのスリル。

「たったひとつの冴えたやりかた」よりも
ずっとスリリングで面白かったですね。
あの本は借りて読んだんですが、今日のこの本は自分の本なの。
アタリですごく嬉しい。
(2002年5月8日)
スポンサーサイト

 2015_09_12


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。