スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ジャック・フィニイ「ゲイルズバーグの春を愛す」


ジャック・フィニイ「ゲイルズバーグの春を愛す」
ハヤカワ文庫

ノスタルジックな雰囲気が漂うファンタジー短編集。
表題作を含め10篇の作品が納められています。
表題作の「ゲイルズバーグの春を愛す」は、
由緒ある静かなゲイルズバーグの街並みが、
古き良きものを闇雲に近代化させる「現実」を
意志を持って阻止するという不思議な物語。
古いイギリスの街並みを美しく描写してあって、
とても素敵なんですが、
どこかほろ苦い感じがするところが好きなんですよね。

他にも、
一世紀前の家の設計図をもとに家を新築し、
その家の住人がその家とともに一世紀前の時間を過ごして行くという、
古い家の魂が宿った家とそこに暮す夫妻の
「クルーエット夫妻の家」や、
骨董品の机の隠し抽斗の中の
出され終いだった古いラブレターを発見した青年の「愛の手紙」など。
どれも、哀調を帯びた甘さや優しさの感じられるファンタジーでした。

表紙のイラストは内田善美。
実はいわゆるパケ買いしたといっても過言ぐらい、
すてきな表紙。




この文章は、2001年以前に読んだ好きな作家から一作だけ選んで語る
という企画で書いたもの。
だから感想というよりも単なる紹介文みたいになってます。
「ふりだしに戻る」もすごく面白くて甘くて切なくて、
大好きなんですが、感想とか書いてないんですよね。
スポンサーサイト

 2015_09_07


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。