スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


フランシス・アイルズ「被告の女性に関しては」



フランシス・アイルズ「被告の女性に関しては」
晶文社

うーん、面白かったです。
作者フランシス・アイルズは、アントニイ・バークリーの別名義。
ちょっとずらした「探偵小説」がすっごく面白いバークリーなんだから、
もちろんこの作品も、と思ってたんですが、
うう~んさすがバークリーいやアイルズ。
思っても見ないところで「やられた~」って思わされちゃいました。

肺病の保養のために海辺の村へやってきた21歳の学生アランは、
滞在先の医者の妻と恋に落ちます。
この医者の妻への恋が熱くなればなるほど、
医者の強気で嫌味な態度に憎しみが沸くんだけど……。

このアランって男が、
ううっわかるぅ~~って泣けるぐらい小心で自意識が強いの。
なんで彼がそういう性格になったのか納得できるエピソードが、
嫌味のない自然な形で様々に明らかにされるってのもよかったですね。
アイルズ流の心理ミステリーってところなんでしょうか。

で、そこで結局何が起こったのか?
この本を紹介してくださった方曰く
「底の浅い姦通ミステリー」、
確かに確かにこりゃ底の浅い姦通ミステリーという感じでした。
が!
底の浅さがこの作品の面白さを殺ぐことが全然ないの。
ってゆーか、この浅さが面白さに繋がってるような……。
タイトルも上手いですね~。
最後まで読んでこのタイトルには脱帽しました。
(2002年8月11日)
スポンサーサイト

 2015_09_03


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。