スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


アントニイ・バークリー「ピカデリーの殺人」



アントニイ・バークリー「ピカデリーの殺人」
創元推理文庫

物語の主人公は愛すべき犯罪研究家アンブローズ・チタウィック氏。
ピカデリー・パレス・ホテルのラウンジで一人、
コーヒーを飲んでいた氏は、
いつもの癖で、周囲の人間の観察という「探偵ごっこ」などをしています。
そしてとある初老の婦人に関心を寄せます。
チタウィック氏は、若い赤毛の大柄な男が近寄り彼女と同席するのを見ます。
そして何やら言い争いを始めたのも見ます。
そしてチタウィック氏は、
老婦人が背を向けたある瞬間に
男が彼女の茶碗の上に手をかざすのを目撃したのでした。
しかし、その直後に電話が入っているというウェイトレスに呼ばれて
席を離れたチタウィック氏。
電話は人違いだと分かって彼が席に戻った時には、
すでに男の姿はなく、老婦人だけが席に残っていたのでした。
眠り込んでいるように見えた彼女を見て心配になった氏が、
彼女に近寄ってみると、
老婦人は既に青酸によって死亡していたことが分かるのでした。

あっというまに老婦人に同席していた赤毛の男が逮捕され、
チタウィック氏の、
男が老婦人のカップの上で手を動かすという目撃談により、
赤毛の男が犯人であることは動かし難い事実のように思われます。
あとは裁判で証言するまでお役御免となったチタウィック氏の元に、
伯母さんの古い知人だという伯爵夫人から招待状が届きます。
気が向かないながらも
伯母さんにやいやい言われて伯爵夫人の元に訪れたチタウィック氏ですが、
なんとそこで赤毛の男の妻と引き合わされ、
夫は犯人ではないと涙ながらに訴えられるのでした。

あっと驚く展開で、誰も思わなかった真犯人が……
ということはないんですが、
やっぱり面白かったですね。

風采の上がらない中年で、
別に仕事につかなくても食べていけるだけの資産があるので職業もない
というぶらぶらしたチタウィック氏のキャラクターがいいですね。
同居している年取った伯母さんに頭が上がらず、
若い女性と話すのも大の苦手。
しゃべりも朴訥としてて、なんだかいつも焦ってる感じ。
かわいい人ですよね。
あたふたしながら、前後しながら、
最後にはきっちり真相に辿りついてるところなんて、
シェリンガム君よりは名探偵ですし。

大笑いまではしないけど、
所々でくすりくすりと微笑ませてくれる楽しい作品でした。
(2003年3月13日)




バークリーの感想をアップし始めてはや一週間。
そろそろ古い探偵小説飽きたー
って思われるかも。
でも、
バークリーの感想はもうちょっと続くんですよね。
っていうかバークリーの後は、
彼の別名義である、フランシス・アイルズ、A.B.コックスと続くんで、
あと一週間とは言いませんが、
5日ほど、お付き合いください。
ちなみに、
アントニイ・バークリー名義(というかA・モンマス・プラッツ名義)の
「シシリーは消えた」の他、
フランシス・アイルズ名義の
「レディに捧げる殺人物語」も先にアップしてます。
スポンサーサイト

 2015_08_31


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。