スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


J・M・クッツェー「恥辱」



J・M・クッツェー「恥辱」
早川書房

52歳の大学教授、
かつては現代文学の教授だったが、
大学側の大規模な合理化計画のおかげで、
コミュニケーション学部の准教授というのがディヴッド・ラウリーである。
離婚歴がある独身で、その性生活については娼婦を買う事で満足している。

そのディヴィッドが大学を追われることになったのは、
淫行、
というよりセクハラ、
いや性的暴行と付きまとい。
少なくとも彼を訴えたメラニー側ではそういうことだった。

名誉も地位も失ったディヴィッドは、
農場に暮らしている娘ルーシーの元に身を寄せることにしたが……。

うーん、なんだかどういっていいのかわからない物語でした。
南アフリカのアパルトヘイト撤廃後の不穏な情勢を背景に、
ということで、
ぼんやりと、そうかも……って思ったのが、
黒人が多く暮らしているらしい地域に
農場を構えて暮らす白人のルーシーが見知らぬ男たちにレイプされるところ。
黒人の中で暮らす守る者のいない白人女性ってやっぱり厳しいんだろうな、
と。

主人公のディヴィッドは、
なんていうか、頭でっかちな学者バカなんだろうなって思いました。
生きることにどっか真剣味がないから、
どんなにそれらしいことを言っても誰にも伝わらないんだよね。
自分の言動や自分の気持についても、
やっぱり真剣味が感じられないのね。
それは、もしかしたら、
自分の過去の言動と他人がそれについてどう感じたかを
真剣に真面目に取り組むことで、
彼が甘受したつもりになってる運命、
現在の状況が「恥辱」になってしまう怖さからかも。
他人に対しても自分に対しても誠実ではないよね。
こまったおやじだけど、
きっと彼は死ぬまでそうなんでしょうね。

対して、
彼の娘ルーシーの受けた恥辱への取り組み方、
それは現代の日本に生きる私には全く共感できないけれど、
うっすらとわかる部分もあるかな。
いつか、どこかで読んだ昭和初期ぐらいの日本の物語でも、
やっぱりルーシーのような女性が出てきました。
レイプをされた、という意味ではないけれど、
彼女もやっぱり生まれた土地ではない場所で恥辱にまみれて暮らしてた。

普通の女性ならば受け入れ難い恥辱にまみれても、
土地に根を張りたいと臨んでたと思うんですよ。
ここで父親の勧めに従って土地を手放して、
外国へ行くこと。
それを受け入れたら平穏な暮らしが出来るかもしれないけれど、
彼女に残るのはかつてレイプされて逃げてきたという事実が残るだけ。
でも、
その土地に残って生きつづけることで、
何かそれを乗り越えたような気持になることができるかも……
出来ないかもしれないけれど。

ルーシーは「自分の土地」に執着しているわけではないんですよね。
ここで今後人々に受け入れられて生活するためならば、
形式的にかつて「犬」と呼ばれた黒人の
その妾(犬)と思われても、
土地を売ってもかまわない。
うん、やっぱり共感は出来ない感覚ではあります。

そうそう、
ディヴィッドがルーシーのレイプについてとても傷ついてたけど、
物語の序盤で、拒むメラニーを押し倒してコトを行うんですよね。
で、それはレイプじゃないけど、不本意な事だとか思ってるの。
ディヴィッドらしいといえばらしいです。はい。

この物語はとにかく悲惨で泣きたくなるぐらい滑稽なんだけど、
なんだろな~、
読後漂うものが何故か辛い感じでもないんですよね。
不思議不思議。
(2005年4月30日)
スポンサーサイト

 2015_08_17


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。