スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ルース・レンデル「聖なる森」



ルース・レンデル「聖なる森」
ハヤカワ・ポケット・ミステリ

ひゃ~、いきなりバーデン君が再婚してて、
しかもその妻との子供が小学生だと知ってびっくり。
順番をすっとばして読んだおかげで、
まだ前の奥さんがご健在で二人の子供がまだ子供だった頃の
バーデン君の家庭しか知らない私はびっくりでした。
前回読んだ「乙女の悲劇」のおかげで、
ウェクスフォード警部の家庭については分ってるので驚きませんでしたが。

いや、驚いたかな。
今回はウェクスフォードの素敵な奥様が、
なんと誘拐事件の被害者の一人になるという作品だから。
その事件の背景になる環境保護団体のエキセントリックな活動風景など
レンデルっぽいシビアな視点だなって思いました。
しかも同じくエキセントリックであっても、
概ね無害な活動家たちへのまなざしが
皮肉っぽくもどこかあったかいんですよね。

それにしても、
ウェクスフォードの奥様のキュートさにはもう参っちゃいますね。
さばけ過ぎてはいないけど、
現代的なバランスの取れたものの見方の出来る女性。素敵過ぎます。
(2002年4月1日)



しかし、いつまでルース・レンデル続くんだよって感じですが、
あと2回か3回で終ってJ・M・クッツェーの紹介に変わる予定です。
って言ってる間に、ルース・レンデルの新刊が出ましたね。
是非読みたいと思ってますー。
スポンサーサイト

 2015_08_07


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。