スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ルース・レンデル「罪人のおののき」



ルース・レンデル「罪人のおののき」
創元推理文庫

うーん、
昨日読んだ「死を望まれた男」とはまた違う雰囲気を持った、
ってゆーかレンデルっぽ~いと思わせられる作品でした。
シリーズで読んでて、
なんとなく親近感が湧いた所為でしょうか?
レンデルの、登場人物の誰の主観にも寄りかからない視点を、
冷徹と見ずに、もうちょっと懐の深い感じがしちゃいました。
これがノン・シリーズだとまた感じ方が違うのかもしれないけど。

深夜、何故か森へ散歩に出かけて殺された館の美しい当主夫人。
彼女が何の為に森へ出かけて行ったのか、
という謎については大体読めちゃったけど、
だからって面白さに何かしらマイナスがつくわけではないのは、
謎解きだけが面白いわけじゃないからでしょうね。
デニスの気持ちが切ないわ~。
デニスの奥さんの気持ちも切ないし、
もちろんクェンティンも切ないし。
生き残った人ほど切ない。
でも出来ればクェンティンには
オペア・ガールのカッチェと再婚なんてして欲しくないな~。

そういえば前作で、
新たに登場したウェクスフォードの部下の若い衆と
バーデンくんはどういう関係になるんだろうと楽しみにしてたのに、
登場しなくてちょっとがっかり。
でもバーデン君はやっぱりキュート。
今回は愛妻家の彼の家庭もちょっと垣間見れたし。
 ……でも、でも、
この解説は許せない~~。
次回以降の話なんてしないで欲しかったよぉ。
何か怖くて次が読めないじゃないの。
(2001年11月2日)




次が読めないじゃないかと言ったとおり、
どうやらしばらくレンデル作品に手を出さなかったようで、
次にレンデル作品を読んでいるのが
2002年の3月28日。
しかも非常に適当なことに、いくつかすっ飛ばして読んでおります。

スポンサーサイト

 2015_07_07


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。