スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ブルーノ・シュルツ「肉桂色の店」


ブルーノ・シュルツ「肉桂色の店」
集英社 工藤幸雄訳


本作は、
『集英社ギャラリー[世界の文学]12 ドイツ3・中欧・東欧・イタリア』
に収められた作品で、
単独での本ではないことをまず書いておきます。

作者ブルーノ・シュルツは
1892年にポーランドで生れたユダヤ人。
22歳の時に第一次世界大戦が起こり、
家族とともに避難したウィーンで芸術アカデミーに通い絵画を習い、
30歳でガラス陰画による版画集を完成させたのだとか。
作家としてのスタートは33~34歳。
47歳の時に第二次世界大戦が起こり、
50歳のとき、
「黒い木曜日」のその日にゲシュタポに射殺されて亡くなってます。

と言っても、
本作「肉桂色の店」は第二次世界大戦より前の42歳の時に出版されていて、
ホロコーストを感じさせるものではありません。
彼の幼少時代が断片的に語られる連作短篇集、という感じでしょうか。

収録作品は、
八月/魔性の訪れ/鳥/マネキン人形/
マネキン人形論 あるいは創世記第二の書/
マネキン人形論(続)/マネキン人形論(完)/
ネムロド/牧羊神/カロル叔父さん/肉桂色の店/
大鰐通り/あぶら虫/疾風/大いなる季節の一夜

ストーリーはほとんど無いに等しいですね。
体の不調から精神にも不調を兆しているらしい父親のエピソードを軸にして、
少年時代に見聞きしたことを書き留めてある、という印象。

ですが、これがはっきり言ってスゴイんです。
まず普通の小説を読むようなつもりで読み始めたら、
言葉の奔流に瞬く間に飲み込まれて、
何を読んでいるのか、
何を読んだのか見失ってしまうこと請け合いなの。
巻き込まれて作品の中に溺れてしまうのではなくて、
訳の分らないままに岸に投げ出されているという感じ。
一つ一つの言葉、
センテンスをじっくりゆっくり味わいながら、
あたかも音読を覚えて間もない子供のごとくに
一行ごとに目で追っていって
一語一語を噛み締めるように読んでいくのがいいのではないでしょうか。

圧倒的な言葉の流れの中に垣間見える
ひんやりとした狂気の色は
それだけの労力を全く惜しいと思わない魅力です。

巻頭の「八月」に描かれる、
息苦しい程に生命力に溢れる植物や昆虫の描写は、
いきなり圧巻でしたね。
美醜を越えた美、というんでしょうか。
恐ろしいぐらいに美しい一篇です。

「牧羊神」での果樹園の描写も濃密でした。

「ネムロド」に描かれる仔犬の描写も素晴しかったですね。
これでもかってぐらいに仔犬を描写しながら、
幼い少年の息遣いまで感じられるようでした。

「大鰐通り」の最初のところの古い地図の描写も魅せられました。

しかし、なんと言っても
表題作「肉桂色の店」が素晴しかったですね。
冬の夜の冷えて澄んだ夜気の美しい描写。
珍奇な品々の陳列された店。
思いがけなく手に入れた夜のそぞろ歩きの興奮と
そこから展開される夢とも現ともつかない幻想的な冒険。
素晴しかったです。

父の狂気の源、
家族と父の微妙な距離感や、
父に対する家政婦アデラの圧倒的な支配力など、
一連の作品を通じるストーリー性を感じさせるものもあるけど、
まずは何よりもその怒涛の迫力を楽しみました。
次に読む時はもうちょっと余裕が出来て、その辺りも読み込んでいけるかな。




この本を読んで感想をアップしたのは2005年の7月。
当時のブログでは、
もっと安価な値段で本にしてほしい
岩波文庫あたりで~
とかってコメント欄で話をしていましたが、
後(多分)に
平凡社からちゃんと出てたんですね。
文庫ではないので、ちょっと安価とはいえないかもしれないけど。
シュルツ全小説 (平凡社ライブラリー)




あと、アデラの存在感についてもちょっと盛り上りました。
スポンサーサイト

 2014_09_14


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。