スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


蜻蛉は(飛ぶとき)助走しない

Category: 俳句いろいろ > 句会  


二日ほど更新を休んでしまいました。
だいたい毎日少なくとも一本はアップしてたんで
なんか変な感じがします。

まあ、それはそうとして
今日5月11日は句会でした。
今月8日の句会は不在投句のみだったんですが、
今日はちゃんと足を運びました。

8日の結果の方も聞いてきましたので、
まずそっちから軽く紹介。
この日出した五句は、
我ながら切れの弱いやつばっかりで
(自分が出ないとなったら超てきとうな人)
街路樹に雨のあかるく夏始まる
はなびらより深くさくらのさくら蘂
など。
蜻蛉生まる助走の姿勢低くして
という句も出したんですが、
これはヤゴから羽化する感じが出せたらなーって思って
詠んだやつなんですが、
どうも
「蜻蛉は(飛ぶとき)助走しない」
とか評を頂いたらしいです。
それはそうだけどっ。

で、11日の句会の方ですが、
かたつむり軟(やは)と顎のありにけり
図書館の大きな窓を朱夏の鳥
などの句を出しました。
「軟」にだけ「やは」とルビ振って出したんだけど、
「顎」にもちゃんと「あぎと」ってルビ振っとけば良かったな。
図書館の句の方は、
「朱夏の鳥」という季語はないんだけど、
思いがけなく鮮やかな鳥だったんで、
それを表現出来たらいいなと
そんな感じで詠んだもの。

そんな感じで微妙に低調な句会二連戦でした。
スポンサーサイト

 2015_05_11


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。