スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


イヴァン・クリーマ「僕の陽気な朝」


イヴァン・クリーマ「僕の陽気な朝」
国書刊行会

作者クリーマは、
「クンデラと並ぶチェコ文学界の巨匠」
なのだそうです。
クンデラをして
「世界で最も多く翻訳されたチェコの作家」
ということらしいんですが、
日本ではほとんど聞かない名前ですね。残念です。

チェコスロヴァキア時代のプラハに生まれ、
一度は国外に出たものの、再びチェコに戻って、
ビロード革命までの20年間を発禁作家として
さまざまな制約下に暮しながらも、
海外出版を続けていたという作家なんだそうです。
ユダヤ人技師の家庭に生まれ、
幼年時代はテレジーンのユダヤ人ゲットーですごしていたとか。

さて、本書ですが、
これは「月曜日の朝」から始まって
「日曜日の朝」までの7つの作品を収めた短編集。
なんですが、
すべての作品が「僕」または「わたし」の一人称でかかれていて、
どうやら発禁作家として、
「いかなる資格を必要とする仕事」
にもつけないことになっている男が主人公みたいです。
作者本人がモデルなのだと思います。

祖国を愛している、
いずれこの国に必要な人間だから、
とにかく亡命はしないで、
チェコで発禁作家として病院の下働きやら、
闇の魚売りやらとして働いたり、
海外で出版するための作品を書いたりしながら暮す主人公。

諦観の中に漂う何とも言えないユーモアと皮肉、
でもその目はけして否定的なものではないんですよね。
なんだろうな~、誠実な視線、
という感じがしました。
あまり洗練されてないというか、
クールではないところに逆に魅力があるという気がしました。
うん、面白かったです。
できればもっと読んで見たい作家ですね。
(2003年4月11日)
スポンサーサイト

 2015_05_08


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。