スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


スティーヴン・ミルハウザー「エドウィン・マルハウス」


スティーヴン・ミルハウザー「エドウィン・マルハウス」
福武書店

副題は
「あるアメリカ作家の生と死(1943-1954)ジェフリー・カートライト著」。
ジェフリー・カートライトという伝記作家による、
エドウィン・マルハウスという作家の伝記
という形をとった作品なんです。
埋もれかけていたこの伝記が
偶然ジェフリーの元同級生によって発見され復刻にいたった、
という前振りがあります。

伝記作家ジェフリーとエドウィン・マルハウスは
生まれたときからの幼馴染。
若干10歳でアメリカ文学史上に残る傑作「まんが」を著したエドウィン。
その類稀なる天才の生涯を、
幼なじみであり親友だったジェフリーが伝記につづった、
というものなんです。

ジェフリー・カートライト自身、
この伝記を書いたのが11歳という恐るべき早熟ぶり。
しかし、
それにも増して恐るべきと思えるのが、
ジェフリーの驚異的な記憶力で、
生後六ヶ月で初めてエドウィンに出会った
その時から描写されてるんです。

って、
うーん、どうしよう……。
感想を書こうにも
何処まで踏み込んでかいていいものやら
というのが正直なところです。
なにか突っ込んだことを書くと、
絶対ネタバレになっちゃうんですよ。
とりあえず、
これは凄い作品だってことだけは書いときましょう。
百人居れば感想は百通り、
受け入れられない人もいるんじゃないかと思うけど、
とにかくすごい。
私は、
読後じわ~っとジェフリーの痛ましさが募ってきて、
しばらく放心状態になってしまいました。

出来れば私はこの作品を
ミルハウザーの最初の作品として読みたかったな。
何の先入観もなしで、
ミルハウザーがどんな物を他に書いているのかも知らずに読めれば
もっとよかったと思います。

ジェフリーの磨き込まれた言葉たちが
彼等の幼年時代(一般的な意味での)を鮮やかに描き出せば出すほど、
読後の切なさが増しますね。
これでジェフリーの文章が下手なら
まだ救いがあったんじゃないかな。
ま、そうなると作品たりえませんが。
(2001年10月4日)
スポンサーサイト

 2015_05_03


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。