スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ミュリエル・スパーク「独身者」


ミュリエル・スパーク「独身者」
新潮社

土曜日。
ロンドン旧市内にある小さな筆跡博物館の
副館長を勤める三十七歳のロナルド・ブリックズは、
喫茶店で黒髪の若い女性と白髪の男性のカップルを目にした。
ロナルドの連れの法廷弁護士マーチンの話によると、
白髪の男はインチキ交霊術で告訴されている男だという。
ロナルドはその男に見覚えがあった。
癲癇の持病を持つロナルドは、
自分の記憶がこの病気によって異変をきたしているのか試したかった。
が、
マーチンと別れてふたたびその喫茶店へ戻って男を確認したが、
思い出すことは出来なかった。

白髪の男の名はパトリック・シートン。
パトリックは今、二つの問題を抱えていた。
一つは裁判、もうひとつは愛人アリスの問題だった。
パトリックを崇拝しているアリスは、
糖尿病を患っていて、
そしてパトリックの子を身籠っていた。
パトリックはアリスに中絶するように言い聞かせているのだが、
彼女は首を立てに振ろうとはしないのだ。

絶版本の女王(?)ミュリエル・スパークの、
現在私が入手し得る本の最後の一冊が、
この「独身者」です。
図書館の書庫の中から引っ張り出してもらいました。

うん、面白かったです。
ロナルド、パトリック、アリスとその友人のエルシー、
パトリックを客分とする心霊主義団体の集会、
この団体のリーダーである女性マーリンの甥ティムとロナルド、
新聞記者マシウとエルシー……と、
序盤からくるくると変る場面と、
登場人物の多さにちょっとびっくり。
でも、
読み進んでいく内に、
基本的な登場人物が分ってくるのでご安心ください。
誰が誰だっけ?というほどの混乱はないはず。

さて、
物語は主にパトリック・シートンの裁判について
を中心に進んでいきます。
これがすっごくスリリングでしたね、
意外にも。
パトリック擁護サイド反サイドが入り混じり、
そこにロナルドの癲癇についてとか、
アリスの糖尿病に関するパトリックの怪しげな動きだとか、
色んな片思いだとかが絡み合って、
かなり複雑な状況。
裁判はどうなっちゃうんだろうとハラハラいたしました。

登場人物たちそれぞれのキャラクター描写も秀逸。
個性的ではないような、
割と平凡な登場人物もきっちりと描かれてるんですよね。
特異なキャラクターに
彼らが埋もれてしまうというようなことがないの。

最後の最後に
「独身者」というタイトルの意義というか重みが分ると、
今までミステリっぽい味わいを存分に楽しんで来たのにも関わらず、
もっと深いものを読んでいたような
不思議な読了感に襲われました。
(2005年7月18日)
スポンサーサイト

 2015_04_30


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。