スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


「石楠」後半  月並研究会 その2



九 「石楠」後半(大正六年~七年)
 月並研究会 その2

さて、
いきなり前回の続きですが、
大正六年六月五日付けの高浜虚子の幽霊画について。
これについては『俳画入門』(保育社カラーブックス 山口誓子・直原玉青共著)
に、まず、大体の入手経緯が書いてあります。
まあ、入手したご本人がその経緯を書いてるわけです。
あ、直原玉青の方ね、ご本人って。
それによると、虚子が亡くなって間もない頃に、
京都のある書画店でこの幽霊画の軸を発見したのだとか。
で、これを購入して、家で掛けていたら、
知人がこの幽霊画に関することが書いてあるといって
昭和十一年六月号の「ホトトギス」を持ってきてくれた。
そこに掲載されていた座談会で、この幽霊画について話題にのぼった
ということみたい。
それによると、
其時分は先生は大変酒を召し上って居られた。其時、乙字さんが先生の俳句をヒドク悪く批評したのです。……その時先生は絵を描かれた。石塔の蔭から幽霊が手を出して居るのです
その絵は石塔にもなって居らない幽霊になっても居らないので今一つ描いてください
と、誰かがその絵についてダメ出し(?)したところ、
島田青峰という人物が、自分が頂いていくって
持って帰ったものだとか。
まあ、そういうことが「ホトトギス」の座談会で語られてたと
『俳画入門』にありました。
島田氏は自分で欲しがったくせに、手放したんかいと
突っ込まざるを得ませんが。
で、この本には、
最終的に虚子の息子である高浜年尾にみてもらって、
箱書きを書いてもらったとあります。
ちなみに
父の画としてはじめてのものと云えると思う。
私はその時傍らに在って見てゐた。私は中学五年生の時であった。年尾識

という文らしいです。

で、ですね、
その後、
1961年の「ホトトギス」の中に
真下喜太郎「高浜虚子と大須賀乙字」
という記事があるのを発見しました。
真下という人は、
虚子の長女と結婚した人で、「ホトトギス」同人でもあった人。
この人のところに、ある時画家の直原玉青から手紙が来て、
虚子の幽霊画を入手したんだけど珍しい品じゃないかと思うんで
見て欲しい
というか、書き写したものを送ります
この絵の背景わかりませんか?
みたいな事が書いてあったと。
ところが、真下喜太郎は、忙しかったりして、
この手紙の返事を書かないでいたら、
そのうち、また玉青から手紙が来て、
絵の背景は分かりました
島田青峰という人について教えてください
って言うんで、
今度はちゃんと教えた。
みたいな事が書いてありました。
この文章自体はそこから、
乙字による虚子の俳句への攻撃についての云々が続いて、
この幽霊画についてはあまり書かれてないんだけど、
わたしてきには面白かったです。
しれっと最初の手紙を無視したこととか
書くんだなぁって。
yurei2.jpg

まあ、話は月並研究会にもどります。
こんなことがあったにも関わらず、
八月六日、再び乙字は月並研究会に招待されます。
たまたま来たので寄ってけじゃなくて。
この時乙字は山形から上京していた大江瑞光を伴っていったみたい。
あとで
虚子の句を月並と申す所以を説明しました。虚子と小生との問答で終つて了ひました九月のホトゝギスに出る事でせう
と亜浪に書き送っている通り、
この時も言いたい放題だったみたい。
しかしこの日は虚子も
乙字君の議論が雄大であればある程、聞くものの頭には一種の疑惑の雲が漲つて来て、乙字君はどれ程の点まで得たところがあつてこれだけの議論をされるのであるかを疑はねばならぬやうになつて来る
と、乙字がその論に対して実践が伴ってないことを難じたとか。

松井利彦の『大正の俳人たち』によると、
このことで月並研究そのものも中止してしまったとあるんですが、
そこまで虚子は狭量なのかなぁと思ったりします。
あるいはそこまで乙字の影響力が強かっただろうか、って。
まあともあれ、この時の研究会が第十三回で最終回であることは確かです。
スポンサーサイト

 2015_04_21


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。