スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ミッシェル・フェイバー「アンダー・ザ・スキン」


ミッシェル・フェイバー「アンダー・ザ・スキン」
角川書店

角川書店(発行アーティストハウス 発売角川書店)の1000円本シリーズ、
BOOKPLUSの本ですね。

で、これが
とっても不思議な痛みに満ちた作品でした。
設定自体で言うと、
奇奇怪怪で、ある種キワモノっぽいんですが、
どうにもやりきれない切なさが漂うんですよね。
でも、悪い意味じゃありません。

あらすじとかを書くと、
この作品を読んだときのびっくり度が減るんじゃないかと思うので、
書けないんですが、
本の表紙に張ってあるラベル(帯感覚?)のコピーが
この作品を端的に表現されてると思うので引用しますね。

「ジョナサン・グレイザーが映画化!
家畜と人間が
逆の立場だったら…!?
ひさかたぶりに出会った奇妙な物語
―風間賢二(評論家)」

「ヒッチハイカーを見つけたら、まずはあっさりと通過してその背格好を吟味する。イサーリーが探しているのは、二本足で歩く筋肉隆々の雄。痩せて貧弱な肉体には用がなかった」

いう文章から始まる
この不思議な世界の物語。
しつこいけど、
キワモノじみてるけど、唯のキワモノ小説じゃありません。
ヒロイン、イサーリーだけにみっちり焦点を当てて、
息苦しいほどの痛みが描かれてます。
(2002年3月3日)




そういえば、これを転載しようとして
映画化ってどうなったんだろうと調べたら、
スカーレット・ヨハンソン主演。
「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」というタイトルで
劇場公開日 2014年10月4日

何年かけてつくったんだろう…。

スポンサーサイト

 2015_04_20


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。