スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


大須賀乙字の俳句(T5)



大須賀乙字の俳句(T5)

八 亜浪「石楠」(大正五年)

大正五年の大須賀乙字の句

昼寝覚め雲に呑まるゝ眩しさに 乙字
大正五年七月に、
臼田亜浪、風見明成、木下蘇子、吉田冬葉らと
飯能から天覧山、所沢に遊んだ折の飯能行五句のうちの一句。
天覧山は標高一九七メートルほどの比較的低い山だけど、
現在も眺望が良く、ハイキングなどに好まれるらしいです。
掲句もこの天覧山での作と思われます。
山頂ですこし横になってうとうととした乙字が、
目覚めてまず目にしたのが空だった、って感じでしょうか。
「雲に呑まるゝ眩しさに」の措辞に、
白い雲と抜けるような青空の広がりが浮かびます。
この旅では、
所沢で亜浪の弟子らと合流して一泊してるんですが、
鼻の悪い乙字のいびきと
鼻は悪くないがひどかった蘇子のいびきに
一同が悩まされたと言うエピソードがあるらしいです。

この大正五年の句は、『乙字句集』に載っているものを数えてみて、
上記の旅吟五句のほか、新年二句、春三十二句、
夏四十八句、秋四十二句、冬三十三句。

馬を放つ日のゆくりなう冴え返る 乙字

忘れ霜すかんぽ既に甘きかな 乙字

森うしろ染めて暮るゝに囀れる 乙字

落雷の光海に牧場一目かな 乙字

落蛾墨をひいて手紙をよごしけり 乙字

水際まで闇迫る月見草に立つ 乙字

槻風の山ゆ新涼到りけり 乙字

船底の閼迦に三日月光りけり 乙字

書き物も端居にぬれつ天の川 乙字

荷馬返せば急に更けたり虫の宿 乙字
スポンサーサイト

 2015_04_05


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


05  « 2017_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。