スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


オタ・パヴェル「美しい鹿の死」



オタ・パヴェル「美しい鹿の死」
紀伊国屋書店

うっわ~~、すごく良かったです、この本。
1930年ユダヤ人の父とチェコ人の母の間に生れた著者の、
父親を軸にした自伝的な連作短編集なんですが、
明るいユーモアのある文章の中に漂う悲しみ、
すっごく存在感のある作品でしたね。

人間臭さただよう愛すべき父親像、
暗い時代、抑圧された日々に精神的に屈することなく、
こんな風にユーモアを持って生きることができるなんて、
人間の底にある強さを感じました。

ユダヤ人の強制収容所に送られる息子たち(主人公の兄たち)の為に、
見つかれば銃殺もまぬがれないのに
「肉」を食わせたい一心で
鹿を殺めに行くという表題作「美しい鹿の死」、
切なかったですね。

目標のためならば努力を惜しまないけど、
どっか詰めが甘くて、
だけど決して不本意な結果にも
打ちのめされることのない父親の姿を、
冷静な、
でも愛のこもった視線で捉えた、
何度も読み返したい本でした。
(2002年5月9日)
スポンサーサイト

 2015_04_01


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。