スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


亜浪「石楠」  再婚


  八 亜浪「石楠」(大正三年~五年) 
  再婚
  
大正五年の十二月二十七日、
大須賀乙字は再婚します。
相手は東京高等師範学校の教授松井簡治の次女まつ子。
恩師芳賀矢一の奥さんの鋼子の紹介で、
見合いの席も芳賀邸で行われたのだとか。

この見合いの場に、乙字は精一を連れて行ったんだとか。
そのことを聞いた内藤鳴雪は、
それは大変珍しい例で実に世間への好模範である
と大賛成を表したというエピソードが残ってます。
内藤鳴雪は、乙字とは違う俳句を志向した当時の俳壇の重鎮ですが、
乙字再婚とか見合いに連れ子みたいな話を漏れ聞くぐらいには、
当時の俳壇が狭いか、鳴雪の見識が広かったかするんでしょうね。
翌年四月に、鳴雪の古稀の祝賀会があって、
これはけっこう大掛かりな会だったんですが、
乙字もそれに出席してます。
もっと以前、乙字がまだ学生だった頃などは、
句会の帰り道が一緒で、並んで歩いたりもしたらしいし。
なんだかんだで内藤鳴雪は乙字を気にしてくれてたんでしょうか。
山一角雪崩れて寒き谺哉 内藤鳴雪
これは乙字の訃報を聞いて詠まれた追悼句。

と、
話が脱線してしまいましたが、
結婚披露宴は上野の精養軒で盛大に行われました。
媒酌人には芳賀矢一がなる筈だったらしいんですが、
芳賀矢一が洋行中だったので、
代りに「常盤木」社主の川俣馨一が媒酌人となったとか。

明けて六年新春三日、
乙字はまつ子と共に京都に新婚旅行に出かけます。
京都では、名和三幹竹の下宿していた下珠数屋町にある旅館に泊り、
三幹竹の案内で句仏上人(大谷句仏)に会い、
粟津水棹と共に嵯峨に遊んだようです。
  枳殼邸拝観一句
 冬木中小鳥闘ふ日ざしかな
という句は、この新婚旅行の折の句と思われます。
ちなみに枳殼邸は、
真宗大谷派の本山東本願寺の別邸のこと。
周囲に枳殼(からたち)が植えてあったことから
こう呼ばれるようになったとか。
スポンサーサイト

 2015_03_31


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。