スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ロバート・ゴールズボロ「ネロ・ウルフの殺人交響曲」



本家のレックス・スタウトも
ネロ・ウルフのシリーズもまだ紹介してないのに、
順番が来てしまったこの作品。
まあ、レックス・スタウトより早く順番がくるのは
当たり前といえば当たり前の話ではありますが。
だって
マイナー度ランキング順だから。




ロバート・ゴールズボロ「ネロ・ウルフの殺人交響曲」
二見書房

「ネロ・ウルフの殺人交響曲」は、
レックス・スタウトの生み出した
美食家で蘭をこよなく愛する巨漢の名探偵
ネロ・ウルフの活躍するミステリー。

でも作者はスタウトではないんですよね。
「ネロ・ウルフ最後の事件」を発表した1ヶ月後
老衰で死亡してしまったスタウト。
彼とネロ・ウルフを愛するゴールズボロが、
「最後の事件」後のネロ・ウルフの活躍を描いた作品なんです。

ハッキリ言いまして、
今まで存在は知ってたけど、
是非読んで見たいとは思ってなかったんですよね。
期待もしてなかったし。
でも、かなり面白かったです。

探偵家業から、すっかり遠ざかってはや2年。
調査依頼は幾度も来たけど
仕事をはじめようとしなかったネロ・ウルフは
世間から、探偵を引退したとおもわれはじめてます。
が、
とうとうその重い腰を上げたのは、
一人の若い女性からの依頼でした。
(そうそう、やっぱり若い女性が出ないと)
ニューヨーク交響楽団指揮者である彼女の伯父が
誰かに脅されているというのですが、
なんとその伯父というのがウルフの旧友だったのでした。
しかし、
やがて伯父が何者かに殺害されてしまいます。
被害者が実は楽団内で憎まれていたことを突き止める
ウルフとアーチーでしたが……。

レックス・スタウトをかなり読み込んで愛してる読者が
どういう反応でこれを読むのかはわからないけど、
ゴールズボロ自身が、ホントにネロ・ウルフを愛してるんだなって
思われました。
嫌いじゃないですね、こういう作品。
(2002/5/13)
スポンサーサイト

 2015_03_16


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。