スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


シャーリイ・ジャクスン「たたり」



シャーリイ・ジャクスン「たたり」
創元推理文庫

裏表紙のあらすじには
「心霊学研究者モンタギュー博士は、
幽霊屋敷として知られる<丘の屋敷>を調査するため
三人の男女を呼び集めた。
まるで意思を持つかのように彼らの前に怪異を繰り広げる<屋敷>。
そして図書室に隠された手稿が繙かれ、
秘められた過去が明るみに出るとき、何が起きるのか?」
ってあります。
が、
過去何が起こったのか、
これから何が起こるのかってことよりも、
ヒロインのエレーナの心の動きが面白かったな。
最初に屋敷を見たときの違和感がすぐに不安に変って、
それが恐怖にまで辿りついてって、
変化の仕方が微妙で面白いの。
屋敷で起こる怪異とエレーナの精神状態が共鳴して行って。
でも本人としては結構
客観的に見てるかのような雰囲気もあったりして、
そこがまた怖いんです。
それと、
もう一人の女性参加者であるセオドラ
に対する気持とか二人の関係がすごく面白くて、
怖いんですよ。
派手な展開はないけど、
ラストまできっちり緊張感を保ったままで読んで行けました。
(2001年6月7日)
スポンサーサイト

 2015_03_14


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。