スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


V・S・ナイポール「ミゲル・ストリート」



V・S・ナイポール「ミゲル・ストリート」





V・S・ナイポール「ミゲル・ストリート」
岩波書店

カリブ海の小島トリニダードの首都、
ポート・オブ・スペインの貧しい街区ミゲル・ストリート。
それが「ぼく」の育った場所だった。
土地勘のない人にとっては、
ミゲル・ストリートも
よくあるただのスラムとしか見えないかもしれない。
けれど「ぼく」
子供だった「ぼく」にとってはここが世界であり、
ここに住むひとりひとりが誰とも違う個性を放っていたのだった。

トリニダード・トバゴ出身のナイポールの、
実質的な処女作なのだそうです。
16章にわたるこのストリートの偉人たちの姿を、
そして最後の17章で、
成長してストリートを離れる主人公の姿が描かれてます。

ボガードと呼ばれた、
全てに退屈しきったような様子がストリートのみんなを魅了した男。
自称大工だけれど、
「本当に作るに価するものは名前のないモノだけなんだ」
という信念で
いつも「名前のないモノ」ばかりつくって
「ぼく」の好きだったポポさん。
ピンクの家に住み、
妻や子供たちを殴り続けた男ジョージ。
ジョージの息子で頭の良かった「ぼく」の友だちエリアス。
ミゲル・ストリートのみんなに
狂っていると思われていたマン・マン。
世界でいちばんすばらしい詩を書いている
という孤独な詩人ブラック・ワーズワース。
ミゲル・ストリートの中で一番物騒に見えた大足(ビッグ・フット)。
笑えないおどけ者だった花火技術者のモーガン。
ついていけない学者先生タイタス・ホイット。
父親の違う8人の子供を持つ女ローラ。
子供たちの憧れ、青いゴミ収集カートに乗る伊達男エドス。
空家に越してきた美女とダメ男のカップル。
機械いじりの天才のバクーおじさん。
「新聞に書いてあることはどんなことも信じちゃいけねえ」
という真理を発見した散髪屋のボーロ。
ストリートの中心的人物だったハットの弟で絵描きのエドワード。
そして、そのハット。
いつでも「ぼく」の疑問にやすやすと答えをくれた、
ちょっとホラふきで、
面倒見がよくてみんなから愛されていたハットは
幼い頃の「ぼく」がひそかに敬う存在だった。

ユーモアに満ちた軽い筆致で描き出される彼らの物語は、
ほのぼのとペーソスが漂うんですよね。
どんな悲劇もからりとカリプソに乗せて笑い飛ばす風通しのよさは、
やっぱり南の島なんだなぁ。
「地に足をつける」ってことが、
真面目に働くということとは違う意味を持つあたりも、
独特の土地柄、人柄があるからこそなのかも。

ミゲル・ストリートの偉人たち、
かつて「ぼく」を怖がらせたり魅了した人達が、
少しずつ色あせてくる。
切ないけども、たしかにやっぱり当時は彼らは偉人だった
って読後にじーんと沁みました。
みんなが愛しいよぅ!って心の中で叫びたい。
そんな感じかな~。

実際のデビュー作となった
「神秘の指圧師」のはじけっぷりには及ばないけれど、
逆にあそこまで弾けてないのがまた魅力です。
都会っぽいしね。

そうそう、
「神秘の指圧師」の主人公ガネーシュが
ちらりと登場して私を喜ばせてくれたんですが、
よく考えると、
この「ちらりと出たガネーシュ」の方が
「主人公ガネーシュ」より先に書かれたものなんですよね。
ということは、
すでに次の作品の構想がねってあったのかな?
ん?
なんだかわからなくなっちゃいました。
(2005年4月23日)
スポンサーサイト

 2015_03_04


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。