スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


ジェイムズ・カウアン「修道士マウロの地図」


ジェイムズ・カウアン「修道士マウロの地図」
草思社

16世紀ヴェネツィアの修道士マウロが目指したのは、
世界中の人々の営みや思想、哲学の全てを盛り込んだ
世界地図を作り上げること。
が、
彼は旅をしない。
彼は臆病な捕らわれ人であったとも言えるだろう。
その彼に情報をもたらすのは、
地図の余白である辺境を見聞した商人であり、
船乗りであり学者たちであった。
彼等の奇奇怪怪な物語に耳を傾け、
マウロが見出した世界とは……。

結構面白く読みました。
ちょっと退屈なところもあるけど、
馴れて来ると面白くなってきました。
派手な展開なんて全くないんですが。

読後に感じたことといえば、
現在はありとあらゆる情報が垂れ流しの状態にあるから
「情報」ってものにすごく鈍感になってるかなって事かなぁ。
外国でなくとも
自分が行った事のない場所についての情報は
これから自分自身が赴くか、
そこへ行った事のある人間から話を聞くしかないよね。
それを話してくれた人達の
生命の一部を分け与えられたと感じ、
それらを死の欠片の様に思うマウロ。
そっか…そっか…という思いでした。

ちなみにネットで他の人の感想を読み漁ったんだけど、
この作品の評価は割れてます。
特につまんなかったと感じる人は
エーコと比べる人が多かったみたい。
私はエーコは未読なんで比べる事が出来ないけど、
比べちゃって面白さがそがれるんなら、
こちらの作品が先でラッキーだったのかしら。
(2001年7月5日)




ここでエーコの名前が出てたから
でもないかも知れないし、そうだからかも知れませんが、
2001年の9月10月にエーコ作品を読んでるようです。

スポンサーサイト

 2015_02_25


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


04  « 2017_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。