スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


碧梧桐との訣別  海紅堂不祥事件 その2


七 碧梧桐との訣別(大正元年~四年)
 海紅堂不祥事件 その2

大正四年の俳壇だけでなく
当時の文壇でも話題にのぼることになったけど、
登場人物がイマイチその後の俳句史に輝くことがなかった人たちだからか
あまり知られていない
海紅堂不祥事件のその2です。

さて、俳誌「海紅」の五月十二日の句評会で
一体なにが起ったのか。
それは、
「鶯の曇りひく山山を焼く」という句について、
月並と断じた大須賀乙字に対して、
当時二十歳だった山口葉吉という人物が
その乙字に対して「生意気いうな」と食って掛かった、
というのが直接的な発端だったみたいです。
山口葉吉という人については、
「海紅」創刊その1の記事で
「試作」「第一作」の同人の山口葉吉
として、一度紹介しましたが、
まあ、つまり中塚一碧楼の側の人。
一碧楼が河東碧梧桐の門へ戻り、しかも機関誌の編集まで任されたということで
「試作」系の同人が、碧梧桐門に入ったということなんでしょうか。

以前から、
特に「試作」系の若い俳人たちから
乙字はその尊大な物言いが嫌われていて、
また、葉吉もすぐにカッとなる性格だったらしく、
この会以前にも
乙字に対して葉吉が食って掛かる場面があったらしい。
乙字の気持としては、
客分である「海紅」の会にわざわざ呼ばれて出向いた
というつもりなのに、
こういった葉吉のような無礼な態度
その物言い以前に、
それを許す碧梧桐に対して怒りを感じたわけです。
「こんな失礼な事をいう不良少年を同座させるならば
以後決して海紅にはかかわらない」
と言って玄関に立った乙字を、
後を追ってきた葉吉が、茶碗の糸底で殴って乙字の額を割った
というのがこの事件なのでした。

昭和四年の「俳諧雑誌」四月号の、
喜谷六花の談によれば
よし!不良少年の腕を見せてやろ
と立ち上がるなり茶碗をぶつけたんだとか。
事件の五日後に乙字が手紙で書いたところによれば
玄関まで行ったところで殴られた
ということで、微妙に違うような気もするけど、
事件五日後と事件十年以上後との記憶なので、
乙字の方が真実なのかな。
大正九年に書かれた松下紫人の文章によれば
圭不英君と共力して某君を抱きとめた事はまだ覺えて居る。
大勢の目が一せいに乙字君の顔の負傷部に注がれた、
冷たい光景が何となく凄ごかった

のだとか。
乙字の額からは血がぼたぼたと落ち、羽織や手首を血に染めた。
折からの雨の中、
紫人と碧梧桐の妻茂枝が付き添って病院を回ったのだけど
専門医でないとダメだといわれて、
乙字は二人と別れて人力車を呼び、
一人で桜木町の医者で手術を受けたということです。
別れるまでの間紫人は、訴えないで欲しいために、
逆に乙字の暴言を諌めたという。
何だろう、ひどくね?
って思うけど、それを素直に乙字への追悼文に書いているという
松下紫人という人も変わった人のような気がする。
乙字はそれを黙って聞いていて、けっきょく警察沙汰にもしなかったとか。
だからって、黙ってたわけでもないんですけどね。
とにかく、
この事件について、乙字は山口葉吉にではなく、
それをさせた碧梧桐に対して怒り心頭だったわけです。
もう、監督不行き届きとかじゃなくて
アンタがけしかけたんだろって感じみたい。
事件の翌日に、乙字宅に碧梧桐がやってきたんですが、
乙字はそれを拒否してます。
それが乙字と碧梧桐との完全な訣別となったわけです。

一碧楼は
この暴行を難詰する人もあろう。
しかし私はその原因を知っていたし、
当然の結果と思っている

と書いてます。
碧梧桐が当時この事件について
どういう風に考えていたかは分かりませんが、
栗田靖の『碧梧桐百句』によれば、
「海紅」創刊時、碧梧桐から鵜平への書簡で、
乙字には質疑応答か、俳論か位を押しつけようと思うがそれもなかなか難しい。
ともかく雑誌を売らなければという重大な社会問題があると、
なかなか強いことが言いにくい

と、乙字の扱いに苦慮してたんだけど、
そのうちに事件が起こって乙字の方から出て行った、
というようなことが書いてある。
よくわからないけど、不穏分子が取り除かれた安堵があったのかな。
ちなみに
乙字に不良少年呼ばわりされた山口葉吉氏、
実際のところ不良少年と呼ばれる前歴があった青年だという話です。
スポンサーサイト

 2015_02_24


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


06  « 2017_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Sima

Author:Sima
わたしが超個人的におすすめする児童文学100選
是非コメントください。
よろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。